お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年6月9日

10799:「チャンスの女神の前髪を打つかめ」というお話

清澤のコメント:このブログのダッシュボード(管理ページ)を見ると、従来は日に2000程度であったページビューPVが、この一週間では一日4000を超えて、日によっては6000(金曜日6003PV)と急増しています。いつも来訪者が減少する昨日の土曜日でも4888。皆様の熱心なご来訪に感謝申し上げます。特にどの記事が当たって読まれて居るということでもない模様です。

背景が清澤眼科医院通信を製本した冊子です。3分の2は院長室から既に倉庫に移しました。15年で300冊10799項目になりました。

敢えて挙げれば、①外来の合間に複数の疾患の記事を書くようにしたことと、②先週からは動画を記事の末尾に引用する様にしたこととの関連を考えています。多少なりと更に興味を持っていただけたら幸いです。

しかし読者が増えるのが嬉しい反面、記事を見てきてくださる患者さんには難しい問題を抱えた患者さんが多く、それなりの苦情も寄せられます。土曜日の大学からの応援医師とも話していますが、私と各特殊再来の医師で主訴を解決しきれぬ場合には私が抱え込むのではなく、①その疾患ならだれという都内で最適任の医師への紹介を早めに模索し、②NPO法人(⇒リンク)「目と心の健康相談室」や③当院勤務の臨床心理士にも相談する様にしています。さらに、患者さんに再訪いただけない場合でも、なるべく後からでも疾患を調べなおして追記の返事をこのブログに記載してゆきたいと思っています。

さて、本日は「よりよく生きるヒントとしての潜在意識活用講座」という本がさっそくアマゾンから届きました。

さて、今日の「潜在意識メソット」のテーマは、この本から「チャンスの女神の前髪を打つかめ」という話でした。上記の「よりよく生きるヒントとしての潜在意識活用講座」、これは、基本的には潜在意識の使い方のノウハウテクニックを集大成してみようと思って書いた本だそうです。本日のテーマは、この本の124ページにあります。さて、私はこの演者が某政党の外務局長であるという立場も勘案しながら話は聞いています。

 ――動画の内容は―――

この本の第2章は潜在意識の使い方のテクニック集。10個のテクニックのうちの7番目:チャンスの女神を毎日期待してまてという書き方をしています。

『「潜在意識」って思っていれば何もしなくても夢が叶うっていう怪しい話だと思ってたのがどうもそうじゃない。プロセスで何が必要なのか?それは勤勉に生きるという生き方。』それを勧めているのがこの本。

チャンスの女神というのは前髪だけあって後ろ髪がないというふうに言われる。すなわちチャンスの女神がやってきた時に前髪をつかまなければ通り過ぎた後には髪の毛をつかむことができないというわかりやすい格言。この格言をまず覚えておくと、その次に知っておくべきことは「チャンスの女神は必ずやってくる。ただしやってくる時に新幹線のように速く通り抜けるので前髪をとにかくつかまなきゃいけない。毎日チャンスの女神を期待して待つという方法。

その日に入っている予定の中にまあ本当はあんまり会いたくない人だけれど、打ち合わせアポが入っていたとします。会いたくないという人が実はチャンスの女神である可能性もある。基本的には毎朝一日が始まるときに今日はチャンスの女神に会う日かもしれないので楽しみに期待しよう。この方向に努力すればいいということをチャンスの女神は教えてくれます。

Categorised in: ご近所の話題