お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年6月7日

10792:関東など梅雨入り;本日東京は雨

夕刻日本橋で眼科サプリメントの講習会を聞いて来ました。黄色い学校からの視力低下を親に知らせる紙を持った子供が断続的に来院していますが、先月から診療終了時間を7時から6時半に早くしたので、講演会場が遠くなければ7時の開始に間に合います。さて今日から東京も入梅です。

関東などで梅雨入り 梅雨末期のような気温の梅雨入りか 6/7(金)

オホーツク海にようやく高気圧

 令和元年(2019年)の最初の梅雨入りは、鹿児島県の奄美地方で、平年より3日遅い5月14日、沖縄地方で平年より7日遅い5月16日に梅雨入りしました。

 6月7日の金曜日は、黄海で発生した低気圧が、東北東して日本海に入り、ほぼ全国的に雨になりそうです。

梅雨入りは

 気象庁は、6月7日11時に関東甲信、東海、北陸、東北南部地方に梅雨入りを発表しました。九州北部や、四国などはまだで、西日本より東北南部のほうが早い梅雨入りでした。

気温が高いと豪雨の可能性

 大気は、気温が高いほど含むことができる水蒸気の量が多くなります。

 関東地方など、ほかの地方でも事情は同じです。関東地方では入梅直後に比べ、梅雨末期は平均気温が5℃程高くなり、水蒸気の量は3割から4割増しになっています。これが、梅雨末期に豪雨災害が多く発生する遠因です。

 日本海を進むと予想されている低気圧に対して、湿った空気、梅雨末期並みの気温に対応する多くの水蒸気を持った湿った空気が日本列島に流入してきます。このため、6月7日から8日にかけて、西日本で大雨警報が発表される可能性があります。

Categorised in: ご近所の話題