お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年6月3日

10774:「従軍経験の影響は?」 米陸軍公式アカウントに悲痛なツイート殺到:記事紹介

2019年6月2日 15時56分 AFPBB News

眼科医清澤のコメント:私はここ数年間、日本にいるベテラン(米軍退役軍人)の後遺症評価を行う会社の依頼で眼科検診を引き受けています。三沢から沖縄までの日本国内各米軍基地に現在勤務し近々退役予定である者と、既に退役して日本に住み着いている退役者が健康診断の対象です。米軍は近視に対する屈折矯正手術PRKを無償で受ける様に勧めたので、それを受けているケースもいます。

  ――表記記事の概要―――

【AFP=時事】米国は5月の最終月曜日が戦没者追悼記念日(Memorial Day)となっており、今年は5月27日だった。それに先立ち、米陸軍がツイッター公式アカウントで従軍経験からどのような影響を受けたか尋ねたところ、圧倒的な数の悲痛な声が寄せられた。
 米陸軍の公式アカウントが先月23日に「従軍経験はあなたにどのような影響を与えましたか?」と投稿したところ、1万以上の返信が寄せられた。その多くは匿名のものや内容の真偽が確認できないものだったが、米国の戦争が兵士に強いてきた痛ましい犠牲を浮き彫りにした。
 ある人は「OEF、OIF、慢性的な痛みを伴うptsd」と書き込んだ。OEFとOIFは米軍の略語で、前者は2001年9月の米同時多発攻撃を受けた対アフガニスタンの軍事作戦「不朽の自由作戦(Operation Enduring Freedom)」を、後者は米軍主体の有志連合軍が2003年にイラクに進攻した「イラクの自由作戦(Operation Iraqi Freedom)」を意味する。両作戦では多くの米兵が死傷し、米軍は今もアフガニスタンとイラクに展開している。 PTSDは「心的外傷後ストレス障害」のこと。(中略)「『コンバット・カクテル』: PTSD、重いうつ、不安。孤独感。自殺未遂。終わりのない激しい怒り。これは、私と長男、そして孫との関係を壊した。(中略)陸軍の公式アカウントはリプライした人たちに感謝し、「あなたたちの物語は現実で、重要なものです。そして似た状況にいる他の人たちの助けになるかもしれません」と書き込んだ。さらに、戦没者を追悼するだけでなく「私たちの目には見えない傷を負って祖国に戻ってきた人たちにも配慮しなければならない、という事実も私たちは心に留めています」とした。【翻訳編集】AFPBB News

Categorised in: ご近所の話題