お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2019年4月6日

10614:コンビニの竹製割箸についてネットサーフ:

セブンイレブンで、もちっと餃子野菜の中華スープを購入、付けてもらった割箸は竹製でした。「つまようじ入り、開封時に指を傷つけぬようにご注意ください。環境負荷の少ない竹箸を使用しています」との記載。そういえば、最近のコンビニ割りばしは竹製であることが多いような。

ネット記事によれば、国産割りばし3円に対して、中国製は1円だそうで、国内の割りばし工場は減少中。きれいで強いのですが、竹製割箸の弱点はカビ易いこと、防カビ剤も使われているそうです。

◎竹製の割りばしは2007年ころから良くネットの話題になっていました。

〇新しいところでは、『「莇生」の研究!2017年03月11日に:「竹箸」の調査、、、。コンビニ、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップに行ってみた。」にも記載がありました。

『竹箸って、まっすぐ割れるし、強いし、手触りもいいし、どこか高級感があるような気がする。もしかして、私が知らないだけで、けっこう普及しているのかな、と思い、さっそく調査することにした。
会社の行き返りに、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、そしてミニストップがあるので、昨日、それらすべての店に行ってみた。なかなか、「すいません、割り箸下さい」ともいえないので、結局、好きな「どん兵衛」を各店で、合計4つも買ってしまった。家に持ち帰ったら、うちの嫁が「あんた、明日からそれ昼の弁当だでね~」といわれてしまい、来週から昼飯は「どん兵衛」三昧だ。

結果からすると、ローソンとセブンイレブンが竹箸であった。改めて、実際に竹箸と木の箸を割ってみた。竹の方が失敗なく割れやすいし、手触りがいい。
また、割り箸を使ってるときに、折れてしまったことがないだろうか。私はよくあるのだが、竹の方が繊維質なので、明らかに強そうだ。

〇セブンイレブンでは他店より割り箸についても環境問題に取り組んでいます。:
これまで割り箸の主流だった白樺(しらかば)や松、ポプラは生長に30~70年と時間がかかる上、1度伐採してしまうと植樹をしなければ新たな樹木は育つことが出来ないといった問題がありました。
しかし一方で、竹の場合、その生長は約3~4年と短期間で伐採後も根が残る為、植樹の必要がありません。しかも良い竹林を保つには定期的に伐採が求められるのです。
環境保護、エコの観点から地球に優しいのが竹箸なんです。元SEJ本部社員でした。:という投稿も有りました。

Categorised in: ご近所の話題