お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年11月4日

10237:樹木希林さん助演の「日日是好日」映画を見てきました。

本日いよいよ「日日是好日」の映画を見てきました。先に紹介した文庫本(https://www.kiyosawa.or.jp/neighbors/47455.html)にもまして感じの良い映画に仕上がっていました。

フェリーニ監督の道という映画にかかわる部分が初頭をはじめとして3回も出てきます。この道という映画にも縁があって、先日その映画「道」の話を記事にしたところでした。(https://www.kiyosawa.or.jp/neighbors/46825.html

先日の記事でも引用しましたが樹木希林さんの遺言を聞いているようなユーチューブの動画も逸品です。「迷ったっていいじゃない、75歳になっても未だに踏み迷っている。」という言葉が印象的です。

◎樹木希林さんのことは、なべおさみさんの「昭和裏芸能史」という小品にも紹介されていました。出会いを紹介する部分を読み、誰の事かと思いながら読み進めたら樹木希林さんのことでした。https://www.kiyosawa.or.jp/neighbors/47514.html

◎私は笑福亭 鶴瓶のファンでもあるのですが、鶴瓶 樹木希林さんが自宅を訪問した思い出を語る | ニッポン放送 ラジオ …:https://grapee.jp/564348

という記事も有ります。

『樹木さんが訪問した際、ちょうど鶴瓶は不在。後に共演する機会がありその話をすると、開口一番、樹木さんは「そうなのよ、土地の安そうな家だった!」と言っていたとか。他にも「広い家だけどみんな固まって生活してるんでしょう」と、いろいろと分析されていたそうだ。無茶苦茶なようだが、むしろそんな出会いのおかげで仲良くなれた・・・と思い返す鶴瓶だった。』という事です。

樹木希林さんは気軽に多くの友人を作れる優れた性格を持った女優だったようです。

◎あとはじぶんで考えてよ…新聞全面で語る樹木さんの言葉:朝日新聞デジタル

宝島社が企業広告として同日付の朝日新聞と読売新聞朝刊に掲載したもの。朝日新聞には夫の内田裕也さん、長女の内田也哉子さんと夫の本木雅弘さん、3人の孫と一緒の家族写真と共に、「絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから」「病を悪、健康を善とするだけなら、こんなつまらない人生はないわよ」と、生前に樹木さんがインタビューなどで語った印象的な言葉が並ぶ。最後は「あとは、じぶんで考えてよ。」で締めくくられる。(https://digital.asahi.com/articles/ASLBY340ZLBYUCVL004.html?ref=regmag1811_wmaily_1102_1)

Categorised in: ご近所の話題