お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年10月26日

10214:西沢潤一先生ご逝去を悼む

2018/10/26 15:11 半導体や光ファイバーなど電子工学の世界的な権威で、東北大学学長などを務めた西沢潤一先生が10月21日、死去。92歳。告別式は近親者で行った。


西沢潤一先生

戦時中に東北大学で電気工学を学び、米国でトランジスタが開発された情報を聞きつけて半導体研究を始めた。1950年に「pinダイオード」という素子を開発したのを皮切りに次々と成果を出し「ミスター半導体」と呼ばれるようになった。

50~60年代には半導体レーザーや光ファイバーによる光通信の原理を発明し、現代の情報通信社会を築く技術開発に大きく貢献した。東北大の伝統である「実学重視」の学風を受け継ぎ、産業界にも多くの人材を輩出した。シリコンの完全結晶開発など国のプロジェクトのリーダーも務めた。

清澤のコメント:東北大学卒業生として惜しむべき方を失くしたという思いですが、後に続く人材が仙台の地で次々に育ってくれていることと思います。

Categorised in: ご近所の話題