お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年10月11日

10187:東京メトロ丸ノ内線に赤い車体

丸ノ内線は南砂町の医院から大手町で乗り換えて御茶ノ水に向かうときには必ず使います。軌道は他の諸線よりも広い広軌で、6両編成という短さです。時空を飛び越える「地下鉄に乗って」という映画もこの丸ノ内線が舞台でした。ブエノスアイレスの学会の時には古い車両があると聞き、わざわざそれを見に行ったこともあります。今回新しく赤い色の車両が導入されるそうです。
  -----
東京メトロ丸ノ内線に新型車両 30年ぶり赤い車体
毎日新聞2018年10月11日 10時55分

東京メトロが報道陣に公開した、丸ノ内線の新型車両「2000系」=東京都中野区の同社車両基地で11日午前、共同
 東京メトロは11日、来年2月、丸ノ内線に登場する新型車両「2000系」を東京都中野区の車両基地で公開した。車両全体が同線のシンボルカラーの赤となり、先頭部分や天井が丸みを帯びているのが特徴。1988年デビューの現行の「02系」はアルミの車体側面に赤い帯が入ったデザインで、赤を全体に彩った車体は約30年ぶりの復活となる。
 丸ノ内線では1954年の開業当初から走った「300形」が、全体を赤くした色合いだった。

Categorised in: ご近所の話題