お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年9月20日

10123:仙台交番襲撃事件に思う:

眼科医清澤のコメント
この派出所は私が大学生になったばかりのころに一年ほど世話になった下宿の近くです。私には、仙台は学生を大事にする町であったという思いが強いだけに、この話を聞いて、犯人が大学生であったことに特に残念な思いが強いです。今の地番は知りませんが、当時は仙台市小鶴字五郎兵衛。近くには市バスの東仙台営業所があり、そこに務める運転手さんが私の大家さんでした。古い蒙古の碑があったり、下宿への上り坂は比丘尼坂という古風な名前でした。素人考えですけれど、元々犯罪者の素因を持った人であったというよりは、何がしかの精神疾患を持っていたのではないかと思うのですが。
----
仙台交番襲撃事件、東北学院大学が「お詫び」掲載
2018年9月20日 12時25分 産経新聞

仙台市宮城野区の交番で、勤務中の清野(せいの)裕彰巡査長(33)=警部補に2階級特進=が刺殺された事件で、別の警察官に現場で撃たれて死亡した相沢悠太容疑者(21)が通っていた東北学院大学は20日、松本宣郎(のぶお)学長名でホームページ(HP)に「事件発生について(お詫び)」を掲載した。

Categorised in: ご近所の話題