お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年9月1日

馬橋稲荷神社では今週末に例大祭

20180831071600高円寺と阿佐ヶ谷の境にある馬橋稲荷神社では今週末に例大祭が行われます。向かいの家の方が門にこのポスターを張っていました。平成最後の夏をここでもアピールしています。

(私は他用あり行けませんが、地元ではそれなりのお祭りです。)

神社間にも縄張りがある様で、私の自宅の氏神はこの神社です。地鎮祭にはこの神社の若い神主さんが来てお祭りしてくださいました。神主さんとはそれ以来の知り合いです。当時2歳だった子供が土地の神に呼びかけるオーという声とその所作をまねていたのを思い出します。

注:馬橋稲荷神社とは、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

馬橋稲荷神社
Mabashiinari jinja.jpg
所在地 東京都杉並区阿佐谷南2-4-4
主祭神 宇迦之御魂神、大麻等能豆神、伊邪那美、弥都波能売神、菅原道真
社格等 村社
創建 鎌倉時代末期
例祭 9月の第二日曜日

馬橋稲荷神社(まばしいなりじんじゃ)は、東京都杉並区阿佐谷南にある神社。

鎌倉時代の末期の創建と言われる。天保2年(1831年)には拝殿改築に際して氏子53人が拠金し、これをもって京都白川神祇伯家御役所に上申し、翌年に「正一位足穂稲荷大明神」の神号を拝受する。

明治40年(1907年)に村内の御嶽神社・白山神社・天神社・水神社を合祀した。昭和2年(1927年)、村社になる。

昭和13年(1938年)、拝殿を改築する。昭和40年(1965年)に住居表示改正により馬橋の地名が消えるのを憂い、神社名を「馬橋稲荷神社」とする。

昭和50年(1975年)には鎮座700年記念事業として随神門を完成させる。向かって、右に豊磐間戸命、左に奇磐間戸命の神像を祀り、中央天井に直径75センチの開運鈴を吊るしている。その大きさは都内最大であるという。

平成8年(1996年)には正参道正面に一の鳥居が建立される。この鳥居は樹齢400年の檜葉の材を使用し、高さ8メートルの朱塗りの鳥居である。また正面の石造大鳥居(二の鳥居)は、高さ8mで昇龍・降龍が刻されてあり、龍の巻いた鳥居は品川神社と宿鳳山高円寺境内にある稲荷社と馬橋稲荷神社の3つのみなので東京三鳥居の一つといわれている。

Categorised in: ご近所の話題