お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年5月5日

9827:石竹とは、ナデシコでもカーネーションでもない路傍の花は?

20180429110529

桃園川沿いの遊歩道に咲く花;

 ナデシコでもカーネーションでもない、この花には「石」で始まる名前があったはず。出てこないと、とても気持ちが悪い。そこで調べてみました。

 

石竹〇セキチク(石竹 英名:China pink、学名:Dianthus chinensis L.)は、ナデシコ科ナデシコ属の観賞目的で花壇、鉢物及び切り花用に栽培される多年草。葉が竹に似ていることからこの名がついたといわれている。これだ!


2fefc3202bfef5e1ac93ce0801c051ce_s〇母の日のカーネーション;カーネーション(英: carnation、学名: Dianthus caryophyllus L.)はナデシコ科ナデシコ属の多年草。別名にオランダナデシコ、

 

_longicalycinus〇大和なでしこの撫子:ナデシコ(なでしこ、撫子、瞿麦)はナデシコ科ナデシコ属の植物、カワラナデシコ(学名:Dianthus superbus L. var. longicalycinus

 

何だすべてダイアンサスナデシコ科ナデシコ属なのですね。

1024px-Dianthus_shinanensis_

ついでに、

シナノナデシコ(Dianthus shinanensis、信濃撫子)は、ナデシコ科ナデシコ属多年草。本州中部に分布する日本固有種。別名をミヤマナデシコ(深山撫子)という。茎の断面が四角だとか。山で見たことが有る気がします。

追記:2008年このブログが600番代だった頃にナデシコとセキチクの花を対比させる似たような記事を私は書いていました。その撮影は相川さんという方で、彼が当時は毎回花の写真を提供して下さっておいででした。


Categorised in: ご近所の話題