お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年3月18日

9694:3万年前の航海:だそうです

2ndImg

 

上野の科学博物館に人体展を見に行ったら、このパンフレットが有りました。クラウドファンディングで最初は葦船で黒潮横断を試みたそうです。

祖先たちのすごい過去を解き明かそう!「日本人はどこから来たのか?」

国立科学博物館「3万年前の航海、徹底再現プロジェクト」だそうです。

「日本人はどこから来たのか」という大きな謎。

5~3万年前にアフリカから日本列島まで祖先たち(ホモ・サピエンス)は大移動をしました。

当時は旧石器時代です。当時の気候は相当寒い氷河期であり、海面が低かったため、台湾は大陸と地続きでしたが、沖縄列島と日本はそこからは離れた島国で有ったという事です。
最初の日本列島人は38000年前頃に対馬の海を渡って朝鮮方面からすでにやって来ていました。
そして、最近になって、沖縄の遺跡調査が進んだことから、琉球列島には「3万年前のハイレベルな航海」があったことがわかってきたのだそうです。
当時の台湾はアジア大陸と陸続きでしたが、祖先たちはそこ台湾から舟を出し、100 km 以上で先の見えない琉球列島へ向かう航海に出たのだそうです。ところが、世界最大の海流である黒潮越えを要するたいへん困難な航海であったはずだと言います。 祖先たちはどうやってそれを成し遂げたのか。そもそもなぜそんなことに挑戦したのか──

海部陽介(国立科学博物館 人類史研究グループ長)と、24名の多彩な分野の一流研究者・エキスパートたちが集結し、「3万年前の事実」を追求する実証実験プロジェクトが始動しました。

テレビ東京では20171228日に、「日本人はどこから来たのか」という問いに答えるため、集まった強者たちの挑戦を数ヵ月にわたり、追いかけた特別番組『「日本人はどこから来たのか?」実験航海3万年前を徹底再現』を放送していました。詳しくはこちらからご覧ください(http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/feature/vod/post_123919/

 


Categorised in: ご近所の話題