お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2018年2月24日

9632: 映画「カサブランカ」を見ました。

cine024私のゆく床屋さんには壁一面に写真の額が張ってあります。そのうちの一枚が昔見た映画「カサブランカ」の一場面の様な気がして、気になって仕方ありませんでした。そんなわけで、今日は全編を無料動画で見直してしまいました。それらしくは有るのですが、見たフィルムにその様な場面は有りませんでした。

下の動画:「時の過行くままに」というのがキーワードになるメロディー。このメロディーならだれも覚えておいででしょう。最後にカサブランカの警察署長が一杯の水を飲んでその瓶をゴミ箱に捨てるのが「ビッシー水」、ビッシーはフランスのペタン元帥の親独フランス政府が有った場所でした。第2次大戦中にフランスはドイツ軍に占領された地域と、途中で変わったペタン政権の治める親ナチスのフランスに分割された形となっていました。(黄はドイツ軍の占領地域、橙は「保留地域」、紫はベルギー占領軍統治下の「禁止地域」、赤が禁止地域のうち、沿岸防備地域。青がドイツ本国への割譲地、緑がイタリア軍の占領地、白はヴィシー政府の支配地域である「自由地域」。)
400px-Vichyfrance
ハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンが恋を美しく演じています。動画はその「時の過ぎ行くままに」。

監督:マイケル・カーティス、 脚本:ハワード・コッチ他、


主演男優: ハンフリー・ボガード 、  主演女優:イングリット・バーグマン

配給: ワナー・ブラザーズ  制作国: アメリカ合衆国

公開 (米)1942年11月26日   (日)1946年6月20日



有名な映画ですが見直してみると、反ナチスのプロパガンダ満点の映画だったことが鮮明です。

https://www.youtube.com/watch?v=9YwBMWvbE9A

Categorised in: ご近所の話題