お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2018年1月13日

9514: 残念ですが、アジアの神秘的な雪男はただの熊でした! :記事紹介

雪男足跡201818日の Sarah Benton Feitlinger (https://www.dogonews.com/2018/1/8/sorry-kids-asias-mysterious-abominable-snowmen-are-just-bearsの抄出です)


マイケル・ワードによって発見され、エリック・シプトンによって撮影されたYetiの足跡はネパールのエドモンド・ヒラリーとの1951年のエベレスト遠征の時にMenlung Glacierで撮影された(写真提供:Gardner SouleWikimedia Commons経由) ヒマラヤ雪男

ヒマラヤ山脈を歩き回る痛ましい雪男の物語、またはイエティは、1800年代からネパール、チベット、ブータンの文化に定着してきた。 The belief in the mythical creature spread to the western world in 1951, following British explorer Eric Shipton’s discovery of a massive footprint in the snow, while seeking an alternate route to Mt.イギリスの探検家エリック・シプトンが雪の中で大規模な足跡を発見した後、1951年に神話の生き物の確信が西洋世界に広がった。 Everest.エベレストではNumerous expeditions, many sponsored by large organizations, spent months searching the mountain ranges for the elusive, ape-like creature.大規模な組織の後援を受けた多くの探検隊が、 謎の類人猿のような生き物を山岳地帯で探し回った。 Though none succeeded, the belief in the Yeti’s existence never waned .成功しなかったけれども、イエティの存在に対する信念は決して衰えなかった。

 2013年に2つの「イエティ」サンプルを使用して実施されたオックスフォード大学の研究では、この生物は古代の絶滅した北極熊とその地域に固有の褐色のヒグマの未知のハイブリッドであると結論づけられた。 However, the result was disputed by experts a year later, allowing the myth of the giant monster to continue.しかし、その結果は1年後に専門家によって議論れ、巨大なモンスターの神話が続くのを可能にした。

 この謎を解き明かすために、 進化生物学者のシャーロット・リンドクヴィストとニューヨーク州立大学バッファロー校のチームは、イエティに属すると考えられていた毛、骨などの9つの断片を取得した。 The specimens included samples collected in the 1930s on the Tibetan plateau, relics from famed Italian mountaineer Reinhold Messner’s museum, as well as more recent findings of hair and bone discovered by a nomadic herdsman and some Tibetan spiritual healers.標本には、1930年代にチベット高原で収集された標本、有名なイタリアの登山家、ラインハウルト・メスナー博物館の収蔵物、さらには遊牧民とチベットの霊的治療師によって発見されたより最近の毛と骨の所見が含まれていた。 The team also analyzed samples from several native bears — including the Himalayan brown and black bears and the Tibetan brown bear.チームはまた、ヒマラヤの茶色と黒色のクマとチベットの茶色のクマを含むいくつかの野生クマのサンプルを分析した。

研究者は、各検体の起源を決定するために、 ミトコンドリアDNAmDNA)に目を向けた。これらは細胞細胞の中に位置し、母親によって渡された遺伝物質を含んでいる。 The results of the study, unveiled in the journal Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences in November 2017, revealed that eight of the nine so-called Yeti samples came from local bears, while one belonged to a dog!この研究の結果は、201711月にRoyal Society BBiological Sciences誌に発表された。9つのいわゆるYeti検体のうち8検体が地元のクマからのものであり、1検体は犬のものであることが明らかになった。

Yetiのファンにとってこの調査結果は悲しいかもしれないが、この研究では絶滅の危機に瀕しているヒマラヤの褐色熊とヒマラヤの黒熊の種のDNAマッピングを初めて作成した。 This will allow scientists to better understand the relationship between the rare brown bear subspecies and common bears.これにより、科学者は珍しい褐色熊亜種と一般的なクマの関係をよりよく理解することができる。 It will also help verify the current theory that the subspecies branched out from the others almost 600,000 years ago.これはまた、亜種が約600,000年前に他の種から枝分かれしたという現在の理論を検証するのにも役立つだろう。

クマの遺伝学の研究を続けようとしているLindqvistは、「Yetiと思われるサンプルは間違いなくハイブリッドクマの生物ではなく、単に地元の茶色と黒色のクマに関連していることが分かった。研究は、「地方の文化や民俗学にとって非常に重要な」イエティの存在に対するアジアの信念を変えないであろう。しかし彼女は、彼女の発見が、世界の他の国々に神話的な獣の証明のために憧れを止めることを納得させることを願っている。」と述べた。

清澤のコメント:元論文に戻ってみましたが、それは雪男の研究ではなくて、ヒマラヤに住む熊の分化を調べたごく普通の論文でした。雪男への論及はわずかでした。


Categorised in: ご近所の話題