Abstract

健常な軽度認知障害(aMCI)は、アルツハイマー病(AD)の前駆段階である。 これまでの研究では、内側頭葉の劣化に加えて、顔面処理のコア領域である紡錘形顔領域の機能的および構造的劣化が示されていた。

我々は、aMCIを有する患者は、顔の知覚障害(つまりprosopagnosia)を有する患者がそのような傾向を示すため、異常な眼のスキャンパターンを伴う顔面処理および/または顔面記憶の喪失を示すと予測した。

18人の軽度認知障害(aMCI)および年齢を合わせた健常対照患者を、視覚的に提示された顔および家の知覚および短期記憶について試験した。

aMCIを有する患者は、対照の観察者と比較して、顔の記憶が減弱したが、家では減弱しなかった。

患者は対照の観察者に比べて顔の口をより多く見た。
本論文では、aMCI患者の脳の異常を反映した異常なスキャンパターンを伴うaMCIにおける短期間の顔面記憶の消失を実証する。

ネット記事引用の開始、
人の顔が覚えられない-。それは、もしかするとアルツハイマー型認知症の予備群に入ったサインかもしれません。