成人の約半数に寄生?“まつ毛ダニ”に注意  

目元に違和感があるという人は、もしかしたらまつ毛にすみつくダニ、いわゆる“まつ毛ダニ”が原因かもしれない。20代以上では約半数の人に“まつ毛ダニ”が寄生しているという調査もある。一体どんなものなのか取材した。

■目元に炎症…原因はまつ毛ダニ?

まつ毛ダニは毛のう虫といい、顔ダニの一種で、まつ毛の根元に寄生しているという。筑波大学眼科・加治優一准教授によると、20歳~50歳代では約5割、さらに60歳を超えると約7割の人が、まつ毛にダニが寄生しているという。年齢とともに、寄生する人が増えるという。まつ毛ダニが寄生するとどうなるのか。

あまきクリニック・味木幸院長「一番多いのはごろごろする、かゆい」 「(目の)見え方が悪くなる、視力が落ちたような気がするという患者も」

まつ毛ダニがすみついてしまった患者の写真を見ると、まつ毛が短くなり、目元が赤く炎症を起こしてしまっている。目がショボショボすると訴えていた患者は、目元がただれ、大量のダニが確認された。

まつ毛ダニが寄生すると炎症が起き、まつ毛が抜け落ちて、まつ毛本来の目を保護する機能を果たせなくなるという。さらに、目に傷ができたり目がかすんだりするなど、ドライアイのような症状が出るという。

■目元を清潔に…まつ毛ダニへの対策は?

そこで、番組スタッフがまつ毛ダニの診察を受けてみた。はじめに、ドライアイや皮膚に赤みがないかなどを確認する。さらに、抜いたまつ毛をガラスにのせ、顕微鏡でさらに拡大。まつ毛の断面を見てみたが、まつ毛ダニは確認できなかった。しかし、それでも安心はできない。

あまきクリニック・味木幸院長「まつ毛のエクステンションとか、コンタクトレンズつけっぱなしでとか」「しっかりお化粧を落とさないで寝てしまって、脂分がたまってしまう状態になると、まつ毛ダニは増えやすくなる」

目元に異物がある状態が続くと、寄生する恐れがあるというまつ毛ダニ。化粧をする女性だけでなく、脂が多く出る男性にもよく見られるという。では、どうやってまつ毛ダニを防げばいいのか。

あまきクリニック・味木幸院長「きちんと(目を)洗っていただければ排除できる」「その時に落ちているつもりでも落ちていない場合が多いから、私は指の腹でまつ毛の根元をさわさわと洗うように指導していて、横10回、縦10回、ぐるぐるぐると3回繰り返して」

まつ毛ダニをなくす薬はなく、とにかく目元を清潔に保つことが大切だと専門医は言う。また、目元を清潔に保つための商品も。

メディプロダクト・久保田恵里代表「アイシャンプーといいまして、まつ毛の根元も一緒に洗えるシャンプーです」

眼科で薦めているところもあるというアイシャンプー。普通の洗顔と違い、目にしみにくく、保湿成分も含まれているという。洗顔した後、液体を手にとり、目元を優しくマッサージするように洗い流す。

私たちの身近に潜むまつ毛ダニ。できるだけ目元を清潔に保つ心がけが大切だ。