お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年9月7日

9169:江東リハビリテーション病院:内覧会

無題9169:江東リハビリテーション病院:内覧会

江東リハビリテーション病院は10月1日に科医院の予定ということで、本日、内覧会が開かれました。お昼休みにちょっと足を延ばして、美しい病室や諸施設を拝見してきました。思いもかけず、医科歯科大学の救急部に以前勤めていた看護師さんにお会いしました。今度の病院の立ち上げに奔走中の様でした。

大きな医療法人は元気がいいですね。江東区の診療環境もいよいよ大自由競争時代を迎えるようです。場所は小名木川貨物駅の跡で最近ではアリオ北砂のショッピングモールの北隣です。

回復期リハビリテーション病棟とは:(病院HPより)

脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定し始めた発症から1~2ヶ月後の状態を回復期といいます。 この回復期といわれる時期に集中的なリハビリテーションを行なうことで低下した能力を再び獲得するための病棟を回復期リハビリテーション病棟と言います。

当院では回復期対象の患者様に対して、機能の回復や日常生活で必要な動作の改善を図り、寝たきり防止と社会や家庭への復帰を目的とした、各患者様ごとのリハビリテーションプログラムに基づき、医師、看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士等が共同で集中的なリハビリテーションを提供いたします。            

回復期リハビリテーション病棟の対象患者

対象疾患が脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎他であって、発症2月以内であれば、入院期間は150日以内とされていますし、高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷、他であって発症2月以内なら、入院期間は180日とされています。 入院と同時にその後はどこに行くのか?自宅に戻るのか?を考えるような印象のようです。ーーーーといったような構成になっており、相当に早い回転で治療が行われる印象でした。今後は、何かとお世話になることと思います。ーーーーーー


Categorised in: ご近所の話題

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com