お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年7月2日

8986:看板が分かりやす過ぎる【カンボジア】:記事紹介

39576_630

看板が分かりやす過ぎる【カンボジア】

外国人でカンボジア語が読めない私にとってとてもありがたいことです。カンボジア人でも字を読めない人が多いので、きっと看板だけは分かりやすくしてあるのかもしれません。

歯医者さんは「歯」、眼科は「眼」、耳鼻科は「鼻」の看板がドーンと掲げられています。—

食堂の前にもいろんなメニューの写真があったりしますが、実際に入ってみるとメニューなどはなく、あったとしても字だけで写真など一切なかったりするので悲しくなります。

食堂などでは食べたいものを言って作ってもらうというスタイルらしいです。ないものはない。作れるものは作る。なんとも自由でのんびりした国です。----

清澤のコメント:十字マークが病院で、眼のマークが眼科ですか?。この眼科の看板は当院よりもずっとわかりやすいですね。失礼とも思いますが、文盲の人がいるという説明が印象的です。
7月1日からの南砂町駅の工事に伴う臨時通路の増設と通路の狭細化に伴い、当医院のカレンダー広告の移動が更に求められています。その管理責任は東京メトロの広告管理部門ですが、直接の広告代理店が間に入ってくれています。現在、人通りの全くない通路への移動が求められていて、契約を取っておいて工事中とはいえ邪魔者扱いとは困ったものだというところではありますが、考えると更に腹が立つので、言いたいことは代理店にお伝えして後はきっぱり忘れることにしました。
当医院の外壁面に貼ってあったスナモショッピングセンターの看板が取り外されました。昨年の外壁塗装の時に下の壁が塗り直すされてないので、多少ちぐはぐではあります。


Categorised in: ご近所の話題