お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年6月25日

8967:海の日が近づいてきました。明治丸の話題

DCGmEORUwAA9OcA
海の日が近づいてきました。越中島にある東京海洋大学のキャンパスは、東西線門前仲町からも近く、展示されている明治丸も、明治丸記念館も、ちょっと訪れるには格好のスポットです。山国育ちの私は、2011年以来のファンです。(清澤眼科医院通信2318 特別展示「明治丸の航跡を求めて」)

今回、明治丸記念館から2枚の美しいフライヤーが送られてきました。
一つの話題は
【明治丸シンポジウム】7月17日海の日に「第16回明治丸シンポジウム」を開催します!今年は返還50周年の前年にあたるということで、「小笠原諸島」がテーマ。明治丸にはとても縁の深い場所です。今年は新しい試みとして「小笠原古謡」の演奏も!入場無料ですので、ぜひお越しください。:とのこと。DCGmGAiV0AALArz

DAK8WJHU0AAlzcE

DAK8YbBVoAE2Tgw第2の話題は
【特別展示のお知らせ】5月25日から明治丸記念館セミナー室で「順風満帆~商船教育を支えた明治丸、月島丸、大成丸」を開催します!歴代の帆船練習船に注目した今回の展示、幅2.5Mもある月島丸の肖像画が目玉です。悲しい歴史を語るものでもありますが、ぜひ一度ご覧ください。この悲しい歴史というのは、月島丸の遭難のことでしょう。

資料は2015年12月14日から続く東京海洋大学 明治丸海事ミュージアムツイッターから借用。 

海洋工学部船史:
月島丸 1898~1900 1519t 鋼製帆船 初の鋼製航海練習船。野中商店に運航委託。室蘭から石炭輸送のさい失踪(台風で遭難沈没か)。職員7名生徒79名含む122名全員が死亡又不明。遭難記念碑が愛媛県にあるほか、横須賀の「戦没船員の碑」に殉職船員が奉安される       


Categorised in: ご近所の話題