お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年4月23日

8786:日本眼科医会の学術部委員会:印象記

無題日本眼科医会の平成29年度第1回学術部委員会がありました。
年に2度行われる学術部会ですが、最近の眼科のテーマを(手前味噌ながら)皆さんよく勉強準備してお集まりになります。

 近々参加者募集の始まる第73回生涯教育講座は:大阪大学不二門尚教授(オルガナイザー)「屈折矯正のコツ 眼科診療の基本を深めよう」というテーマで行われます。
期日は神戸会場(平成29年7月1・2日)、東京会場(同7月8・9日)、名古屋会場(同7月22・23日)、福岡会場(同8月26・27日)です。
 ご参集ください。

ーー以下は耳に残った項目の私的なメモですーーー

1、高野繁会長から:今期の重要課題
①特定検診と眼科:仙台市、世田谷区、松江市などでパイロット事業が行われる。
②コンタクトレンズ関連問題に関し各団体と厚労省との意見交換会が何回か行われた。
③診療報酬改定に関連して。眼科医会でも関心を持っている。

2、日本眼科医会生涯教育に関連する項目

1)第72回生涯教育講座は名古屋大寺崎浩子教授(オルガナイザー)「病診連携 よくある眼底疾患 診断と治療のコンセンサス」をテーマに開催された。4会場で、総参加者は1007名。

2)第73回生涯教育講座は大阪大学不二門尚教授をオルガナイザーとして「屈折矯正のコツ 眼科診療の基本を深めよう」というテーマで行われる。
期日は神戸会場(平成29年7月1・2日)、東京会場(同7月8・9日)、名古屋会場(同7月22・23日)、福岡会場(同8月26・27日)。

この公告がこれから日本の眼科4月号及び5月号に公示される。日本眼科医会のホームページにも掲示予定。(周知する方向でとのことでしたのでここにも収録します。)

・小児の視機能管理 仁科幸子(国立成育研究センター)
・学童の屈折矯正 (コンタクトレンズ・スポーツ眼鏡を含む)宇津見義一(宇津見眼科医院)
・斜視と屈折・調節 不二門尚(大阪大)
・成人の屈折矯正 梶田雅義(梶田眼科)
・眼内レンズによる屈折矯正 根岸一乃(慶応大)
・屈折矯正手術と術後の対応 前田直之(湖埼眼科)

3)第74回生涯教育講座
 緑内障の診断とケア(案)谷原秀信教授(熊本大)の予定2018年2から4月(3会場になる)

4)第75回生涯教育講座
テーマとオルガナイザーを検討した

3、眼科学術ビデオライブラリー関連の項目(題名及び指導者)

2016年分
ドライアイにおける角膜・結膜評価法の実際 横井則彦 ★
ビジョンエイドとしてのICT機器活用 三宅琢
色覚検査とカウンセリング 岡島修 柏井真理子★

2017年分
DALK(deep anterior lamellar keratoplasty) 榛村重人
甲状腺眼症アップデート 井上立州
糖尿病網膜症の治療 村田敏規 ★
OCTアンギオグラフィーの実際 伊藤逸毅
(★学術部としての清澤監修分)

4、日本の眼科<眼科医の手引き>関連の項目
2017年タイトルと執筆者候補25件を提案された33件から検討した。

Categorised in: ご近所の話題