お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年2月5日

8558:本日は眼科コ・メディカル講習会:講師を務めました

shinkasumigaseki1本日は眼科コ・メディカル講習会
正式には(公社)東京都眼科医会第39回眼科コ・メディカル講習会、です。

「眼科診療の近代化の基礎知識を持ったコ・メディカルの方がどうしても必要であるという要望で発足しました。講習会最終日には各講師からの出題による総括テストを実施いたします。」というわけです。

 テキストは、日本眼科医会監修「眼科コ・メディカルのための眼科ガイド改定第13版」を使用。定員は先着300名。:という事で今年も新霞が関ビルで行われています。

 昨年末までに申し込みを受け付けて、聴講者を確定しました。各講師が年末に総括テストの問題を作成して、学術部長の荻野公嗣先生に提出。これを集めて、総括テスト問題を作成しました。本日までにそのゲラ刷りが出来ていました。合格、不合格はありませんが、当医院からの今年の受講者の得点はどのくらいだったか?と院長は見ています。

予定表に多少の変更はある模様ですが
1月22日 コ・メディカルの責務(対応)、視覚系の機能と構造2講、眼疾患の基礎知識2講
2月5日(本日です) 屈折矯正1講、神経眼科1講、オートレフ他、屈折他2講
2月19日 眼鏡、視力、視野、斜視弱視、白内障、眼科用剤、
3月5日 コンタクトレンズ、コ・メディカルの責務(受付、予診)、色覚、総括テスト

と、数年前から講習日程が5日から4日に減っています。東京都の講習会は、全国でも有数な相当に充実したものとなっています。4月に入職して、ほぼ一年を過ぎたところで、まとまった講義を受講していただこうという意味で、この季節に行われているようです。

眼科医清澤のコメント:今年は最終日ではなく、2日目の朝の2講時が私には割り振られました。受講者の集中力はまだ、保てていた印象(居眠りはしてはいない)です。時間切れで早口というのは良くないので、私はスライド数を絞って用意しましたから、60分のところを50分少々で終わることが出来ました。

 会場でも申し上げました通り、授業内容などに質問点がございましたら下記の質問箱にお問い合わせください。お答えは読者に共有していただくという公開システムでお答えいたします。

 患者の気持ちロゴ 

眼科医療に関するご質問は下記の「患者の気持ちの質問箱」(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。質問が入ると、私が答えるまで次の質問は入れられません。このブログの各記事に戴いたコメントにも随時応答しています。個別の電話相談は眼前の診療の妨げともなりますので、お受けできません。あしからずご了解ください。

Categorised in: ご近所の話題