お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年1月20日

3992 赤坂日枝神社を実際に訪ねてきました。

日枝神社を実際に訪ねてきました。

キャピタル東急ホテルでの勉強会が終わり、地図もないまま歩いたら人気のない男坂という急な石段の下に出ました。一段のステップがやけに高いその急な石段を一気に登ると、本殿の前の広場に出ます。最近はパワースポットという言葉を聞かなくなりましたが、此処は東京でも屈指のパワースポットなのだそうです。拝殿付近には怪しげな猿の像もあります。参拝の人も少なくはありません。方向が良く解らぬのですが影の方向から推測すると本殿は東に向いていたのでしょうか?
hie03

神社の由来などを読み、参拝してから赤坂方面に新参道を降りました。上り方向にはエレベータもあったようです。大津の比叡山がもともとの祭神だそうで、鎌倉時代に勧請され、太田道灌などの手を経て、江戸城拡張の時にこの星が丘の台地上に移されたそうです。その後、第二次大戦では昭和20年5月の空襲で焼失。再建は昭和30年以後です。

以前、「地下鉄丸ノ内線との物理的な関連で、下の三角な土地にしか荷重のかけられない四角な土地に建つビル」というのを話題にしたことがありましたが、この建物も実際に見ることが出来ました。7階建ての建物で斜めに建物を吊る橋脚の様な柱が見えました。、一階の店舗は何になるのか改装中でした。
299d144b-s

2011年01月29日 2002 首相官邸近くで大胆な三角形の跳ね出し架構を持つビルが建築中という記事です  日枝神社の鳥居の横のビルは、すぐ下を地下鉄丸ノ内線が通っているので、底面全体に荷重をかけることが出来ず、三角形の底地の上に立つ建物の構造躯体は地下鉄路線の上に乗り出すように建てられているのだそうです。(⇒リンク
ーーーーー
清澤のコメント:医学、建築から下世話な話題まで。赤坂というところはさすがに日本の魑魅魍魎の跋扈する場所にふさわしく、様々で不可解な「気」が満ちていました。

Categorised in: ご近所の話題