お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年5月8日

12843:緑内障の眼の視力は、OCTパラメータよりも視野パラメータとの相関性が高い:鈴木幸久氏との共著論文がCurrent Eye Researchにアクセプトされました

「緑内障の眼の視力は、OCTパラメータよりも視野パラメータとの相関性が高い」という鈴木幸久氏との共著論文がCurrent Eye Research (5 Year Journal Impact IF 2019-2020=1.929)にアクセプトされ、オンラインで公表されましたのでここに紹介させてください。(大学の教職を離れて15年で、まだ論文の共著を務めさせて戴いて居ることに感謝いたします。)

Original Article

Visual acuity in glaucomatous eyes correlates better with visual field parameters than with OCT parameters

Yukihisa Suzuki , MD, PhD & Motohiro Kiyosawa , MD, PhD Received 07 Jun 2020, Accepted 23 Apr 2021, Accepted author version posted online: 28 Apr 2021

“Visual acuity in glaucomatous eyes correlates better with visual field parameters than with OCT parameters” 既にPub Medに掲示されました。
概要
研究の目的
視力は、緑内障患者の生活において非常に重要です。この研究の目的は、緑内障患者の視力と視野(VF)パラメーターまたは光コヒーレンストモグラフィー(OCT)パラメーターの相関関係について調べることでした。

材料および方法
我々は、開放隅角緑内障の210人の患者(男性110人と女性100人、平均年齢69.6±9.6歳)の眼と健康な対照の68眼を評価しました。健康な眼を含む緑内障の眼では、視力と各VFパラメータまたは各OCTパラメータとの相関を回帰分析を使用して推定しました。

結果
対照群の平均視力は-0.08、緑内障群の平均視力はそれぞれ-0.06(初期)、-0.03(中等度)、0.08(重度)でした。健康な眼と緑内障の眼を含む回帰分析は、視力と30-2ハンフリーVFの平均偏差(MD)(rs = -0.44)、10-2 VFのMD(rs = -0.45)、中央部の総偏差との間に有意な相関関係があることを明らかにしました10-2 VF(rs = –0.42)、神経節細胞複合体の厚さ(黄斑、rs = –0.33;上位、rs = –0.33;下位、rs = –0.35;および全体、rs = –0.34)、および乳頭周囲網膜神経線維層(rs = –0.38)。

結論
緑内障の目の視力は、VFパラメータおよびOCTパラメータと相関していました。緑内障が進行するにつれて視力は低下した。

キーワード:神経節細胞複合体の厚さ、緑内障重症度、視力、視野

(上記の訳文は以下の英文を翻訳したものです。)


Abstract
Purpose of the study
The visual acuity is very important for glaucoma patients in their lives. The purpose of this study was to examine about the correlation of visual acuity and visual field (VF) parameters or optical coherence tomography (OCT) parameters in patients with glaucoma.

Materials and Methods
We evaluated 210 eyes of 210 patients (110 men and 100 women; mean age, 69.6 ± 9.6 years) with open-angle glaucoma and 68 eyes of healthy controls. In glaucomatous eyes including healthy eyes, correlation between visual acuity and each of the VF parameters or each of the OCT parameters was estimated using regression analyses.

Results
The average visual acuity of control group was –0.08, and that of glaucoma group was –0.06 (early stage), –0.03 (moderate stage), and 0.08 (severe stage), respectively. Regression analyses including healthy eyes and glaucomatous eyes revealed significant correlations between visual acuity and mean deviation (MD) of 30-2 Humphrey VF (rs = – 0.44), MD of 10-2 VF (rs = – 0.45), total deviation in central 10-2 VF (rs = – 0.42), ganglion cell complex thickness (macula, rs = – 0.33; superior, rs = – 0.33; inferior, rs = – 0.35; and global, rs = – 0.34), and circumpapillary retinal nerve fiber layer (rs = – 0.38).

Conclusions
The visual acuity of glaucomatous eyes correlated with VF parameters and OCT parameters. The visual acuity decreased as glaucoma progressed.

Key words: Ganglion cell complex thickness, glaucoma severity visual acuityvisual field

注:ほぼ同時に出ている関連論文には同雑誌で東北大学からの

Association between Topographic Features of the Retinal Nerve Fiber Bundle and Good Visual Acuity in Patients with Glaucoma  Naoki TakahashiKazuko OmodakaTsutomu KikawaMasahiro Akiba & Toru Nakazawa Current Eye Research Published Online: 16 Apr 2021もあります。

Categorised in: 緑内障