お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年11月9日

12417:コーヒー愛飲者、眼圧低く…京大、9000人調査で確認:記事紹介

清澤のコメント:見た事のある話題だと感じて自分の過去記事を探したら、イギリスに温かいお茶を飲む人に緑内障が少ないという論文を引用したものがありました。(末尾参照)今回の研究は緑内障の有病率ではなく眼圧そのものを論じていました。原著にもリンクしておきます。

2020/11/08 06:00

 コーヒーをよく飲む人は、あまり飲まない人に比べ、眼球内の圧力(眼圧)が低い傾向があることを、京都大の研究チームが9000人余りのデータで確認したと発表した。論文が6日、米医学専門誌電子版に掲載された。これまではカフェインが眼圧を上げると考えられていたため、眼圧の上昇などが原因となる緑内障の患者はコーヒーを控えがちだったという。

 三宅正裕特定助教(眼科)らは、滋賀県長浜市で住民を対象に健康状態と生活習慣の関連を10年以上調べている「長浜スタディ」のデータを分析した。

 コーヒーを飲む回数と眼圧の関係に着目し、緑内障と診断されたことがない30~80代の男女9418人を、「1日1回未満」から「3回以上」まで四つに分類。年齢や性別などの条件を補正し、それぞれの眼圧(単位はミリ水銀柱)の平均値を算出した。その結果、飲む回数が多い人ほど眼圧が低い傾向があり、3回以上の人は1回未満と比べ0・4低かった。全体の平均値は14・7(正常範囲は10~21)だった。

 三宅特定助教は「主治医と相談してほしいが、緑内障患者は意識してコーヒーを控える必要はなさそうだ」と話す。ただ、今回の研究では、コーヒーに眼圧を下げる効果があるのかは分からないため、緑内障の予防や治療目的で飲むことは勧められないとしている。

緑内障 眼圧の上昇などで視神経が傷つき、視野が欠ける病気。視力が低下したり失明したりする場合もある。国内では40歳以上の20人に1人が発症しているとされ、眼圧が正常範囲で発症する患者も多い。

上記の論文が確かに出ていました;

Ophthalmology Glaucoma

Available online 5 November 2020 In Press,

Ophthalmology Glaucoma

Relationship between intraocular pressure and coffee consumption in a Japanese population without glaucoma: The Nagahama study

EriNakanoM.D.1   https://doi.org/10.1016/j.ogla.2020.09.019

以前の当ブログ記事:

Categorised in: 緑内障