お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年10月12日

12344:ラタノプロスト点眼液0.005%「NP」の説明を受けました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1319739Q1266_003.jpg

清澤のコメント:本日はラタノプロスト点眼液0.005%「NP」の説明を受けました。

 その特性は

  • タラノプロスト点眼液の後発品である。
  • NP容器「none-preservative multidose container」(防腐剤を含まないで無菌が維持できる容器)が使われています。その対応により、防腐剤にベンザルコニウム塩化物を使用していません。
  • 健康成人男子における生物学的同等性試験により、標準製剤との同等性を確認されています。
  • 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が、明確となる調査は実施してありません。(再審査対象外)重大な副作用(頻度不明)として、虹彩色素沈着の報告があります。主な副作用として、結膜充血、点状表層角膜炎、眼瞼色素沈着などが現れることが有ります。;ということでした。
  • この製剤は2010年11月に発売されていて、室温保存が可能な製品だということでした。
  • ノズルの部分にフィルターが搭載されているそうです。

Categorised in: 緑内障