お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年1月20日

11450:レスキュラ―(ウノプロストン)とラタノプロスト(キサラタン)の効果比較のお話:再訪

緑内障点眼薬のウノプロストン(レスキュラ―)を発売している製薬会社の方が、昨年の日本眼科学会総会のイブニングセミナーのパンフレットを持ってきてくださいました。

それによれば、正常眼圧緑内障(NTG)の患者を対象にウノプロストン(レスキュラ―)とラタノプロスト(キサラタン)点眼液を金沢大学の杉山教授のグループが比較した。①ウノプロストン(レスキュラ―)はラタノプロスト(キサラタン)より眼圧下降作用は弱かった。②視野進行については、両者に有意な差はなく、同程度の視野維持効果があった。③この結果となったのはレスキュラ―には血流増加作用と神経保護作用の両方があるためと考えられた。:という内容でした。

関連記事としては:

Categorised in: 緑内障