お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2018年1月23日

9545: 緑内障の長期点眼、マイボーム腺機能に注意を:記事紹介

緑内障の長期点眼、マイボーム腺機能に注意を

緑内障の長期点眼、マイボーム腺機能に注意をのイメージ

 抗緑内障薬の負荷が高い緑内障患者は、涙液層が不安定で、重度のマイボーム腺脱落が認められることを、台湾・Kaohsiung Chang Gung Memorial Hospital/長庚大学のWan-Hua Cho氏らが報告した。著者は、「眼圧降下薬の長期点眼を行っている緑内障患者では、マイボーム腺疾患の観察がとくに必要である」とまとめている。Journal of Glaucoma誌オンライン版2017年12月13日号掲載の報告。

 研究グループは、眼圧降下薬の長期点眼を行う緑内障患者におけるマイボーム腺の機能を調査する目的で、横断的症例対照研究を行った。対象は、眼圧降下薬の点眼(用量と期間は異なる)を行っている緑内障患者85例85眼と、健常者30例30眼。
 緑内障患者では、使用している眼圧降下薬の数、処方、点眼回数および期間に基づき、各患者について抗緑内障薬点眼の負荷を簡単にスコア化した(BAGスコア)。
 全例、Standard Patient Evaluation of Eye Dryness(SPEED)質問票、涙液油層の厚み、マイボーム腺分泌・脱落度(マイボスコア)、シルマー試験、涙液層破壊時間および目の瞬きパターンを含むマイボーム腺および涙液の評価を完遂した。

 主な結果は以下のとおり。

・緑内障患者は健常者と比較して、有意にSPEEDスコアが低く、涙液油層の厚みが薄く、マイボーム腺分泌物の質が悪く、マイボーム腺分泌が低下していた。
・緑内障患者においては、マイボーム腺消失率(p=0.006)とマイボスコア(p=0.017)がBAGスコアと有意に相関していた。
・BAGスコアが低い(<80)群と比較して高い群(≧80)では、有意に涙液層破壊時間が短く(p=0.047)、マイボーム腺密度が低く(p=0.032)、マイボーム腺消失率が高く(p=0.011)、マイボスコアが高かった(p=0.036)。

(ケアネット)

原著論文はこちら

清澤のコメント;緑内障点眼薬がドライアイを作るのでしょう。以前伺った相原教授の講演によれば、ベンザルコニウム(バック)という保存料がその原因ともいわれています。
当ブログにおける以前の関連記事はこちら:https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54647127.html

上記の論文は製薬会社の方が夕刻に訪ねて来ていつものように教えてくれた記事です。

Categorised in: 緑内障