お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年5月21日

8861:眼圧と心血管薬の使用、関連せず;記事紹介

眼圧と心血管薬の使用、関連せず

提供元:ケアネット 公開日:2017/04/28

眼圧と心血管薬の使用、関連せずのイメージ

清澤のコメント:英文に戻って抄録を見ても、「非選択的β遮断薬は眼圧低下との間に統計学的に有意な関連は認められなかった(−0.70mmHg、p=0.037)」:としています。しかし、このP値はふつうは5%以下なので有意の逆相関とするのではないでしょうか?。わかる方教えてください。ベータブロッカーは眼圧下降剤に点眼で使われますが、経口投与では強い眼圧下降は示さなくてもよいのですけれど。

眼圧は、血圧やほかの心血管リスク因子と関連していることがよく知られている。眼圧に対する全身性の心血管薬、とくに降圧薬の影響はいまだ論争の的であるが、非緑内障者では眼圧と心血管薬(とくにβ遮断薬)との間に関連はないことを、ドイツ・マインツ大学のRene Hohn氏らが、コホート研究にて明らかにした。著者は、「局所および全身性β遮断薬の長期のドリフト現象(drift phenomenon)が、この結果を説明するかもしれない」とまとめている。British Journal of Ophthalmology誌オンライン版2017年4月12日号掲載の報告。

研究グループは、ドイツ中西部の住民1万3,527例を対象とした前向き観察コホート研究(グーテンベルク健康研究)において、全身性の心血管薬の使用と眼圧との関連について検討した。

眼圧は、非接触圧平眼圧計で測定された。調査した薬剤の種類は、末梢血管拡張薬、利尿薬、β遮断薬、カルシウム拮抗薬、レニン・アンジオテンシン系阻害薬、硝酸薬、ほかの降圧薬、アスピリンおよびスタチンである。薬剤の使用と眼圧との関連について、多変量線形回帰分析を用いて解析した(p<0.0038)。なお、眼圧欠測例、眼圧低下点眼薬使用歴または眼手術既往歴のある参加者は解析から除外された。

主な結果は以下のとおり。

・選択的β遮断薬も非選択的β遮断薬も、眼圧低下との間に統計学的に有意な関連は認められなかった(それぞれ、−0.12mmHg、p=0.054および−0.70mmHg、p=0.037)。
・BMI、収縮期血圧および中心角膜厚を調整後、ACE阻害薬の使用と眼圧は関連しなかった(0.11mmHg、p=0.07)。

(ケアネット)

原著論文はこちら

清澤のコメント:英文に戻って抄録を見ても、「非選択的β遮断薬は眼圧低下との間に統計学的に有意な関連は認められなかった(−0.70mmHg、p=0.037)」:としています。しかし、このP値はふつうは5%以下なので有意の逆相関とするのではないでしょうか?。わかる方教えてください。
ベータブロッカーは眼圧下降剤に点眼で使われますが、経口投与では強い眼圧下降は示さ無くてもよいのですけれど。


Categorised in: 緑内障