お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年5月28日

7792: 防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬の眼圧下降効果と安全性:論文の紹介

7792: 防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬の眼圧下降効果と安全性:論文の紹介
55_latanoprost_2015防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬の眼圧下降効果と安全性
井上 賢治・増本 美枝子・若倉 雅登・富田 剛司

新しい眼科 Vol 28, No11, 2011 p123

清澤のコメント:2011年ですから少し前の論文ですけれど、本剤を製造している日本点眼薬会社の担当者が昨日この論文の別刷りを届けてくださいました。
無題 ラタノプロスト(先発品名はキサラタン™)にも添加されている防腐剤(特に塩化ベンザルコニウム:BAC)では、アレルギーや角膜上皮障害が報告されています。これは、防腐剤を添加せずに、ボトルの細菌汚染を防ぐためにフィルター付きにしたラタノプロスト点眼薬の有用性を述べた論文です。
 PFという接尾語は防腐剤なしpreserve freeを意味しています。このボトルは瓶を二重にして、フィルター付近に残った点眼液が元の内側の瓶に戻らぬ工夫も施されているようです。

 BACには殺菌効果の他に薬物の眼内移行を促進する働きもあるので、BAC無添加点眼薬の眼圧下降効果は減弱する懸念が有りました。しかし、この懸念は無用だった様です。
 ラタノプロストではドアイアイや角膜上皮障害が、その常用にとっては一番の障害です。防腐剤無添加ラタノプロストへの変更群で点眼1ヵ月後に角膜上皮障害が40%もの症例で改善したとすれば、これは使える点眼薬ではあるかもしれないと思います。

ーーーアブストラクト:ーーー
目的:防腐剤無添加ラタノプロスト点眼薬の眼圧下降効果と安全性を調べた。
対照および方法:2010年5月~12月に井上眼科病院を受診した緑内障患者44例44眼を対象とした。防腐剤無添加ラタノプロスト点眼液を正常眼圧緑内障に対して単剤投与した20例(単剤群)、防腐剤添加ラタノプロスト添加群から変更した14例(変更群)、防腐剤無添加カルテオロール点眼液に追加した10例(添加群)に分け、点眼1ヵ月後、3ヵ月後の眼圧を測定し比較した。副作用を来院ごとに調査した。変更群では点眼前後の角膜上皮障害を評価した。
結果:単剤群、追加群では点眼1、3ヵ月後に眼圧は優位に下降した。変更群では点眼1ヵ月後に眼圧は優位に下降したが、3ヵ月後は同等であった。2例(4.5%)(掻痒感、眼瞼下垂が各一例)が副作用により点眼中止となった。変更群で点眼1ヵ月後に角膜上皮障害が6例(42.9%)で改善した。
結論:防腐剤無添加ラタノプロスト点眼液は単剤投与、変更投与により3ヵ月間にわたり強力な眼圧下降を示し、95%の症例で安全に使用できた。

Categorised in: 緑内障