お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2009年8月15日

982、腎機能が弱い人はスイカに注意:高カリウム血症、不整脈

スイカ「スイカで高カリウム血症」の記事です:このブログでは、ごく初期(2009年)の記事ですが、多くの方が未だに見て下さり、光栄です。腎機能の悪い方ですと、果物のカリウムが血中濃度を上げ、心臓に影響することが有るという記事です。(2018年10月7日改訂です)

スイカに注意:お盆といえば豪快にスイカを食べる季節ですが、内科の医師によると糖尿病などで腎機能が低下したり腎透析中の患者ではカリウムの排出能力が弱いので数切れのスイカを口にしただけでも高カリウム血症による不整脈を起こし命を失うこともあるそうです。スイカは腎臓によいといいますが、これは腎機能の良い人でのお話。

32
彼によると、対応は迅速な透析でカリウムを下げることだとか。
高カリウム血症で致死的なのは不整脈ですから、それさえ防げれば、しばらくは時間を稼ぐことができる。そのための治療としてカルシウム製剤の投与を行う。血中カルシウム濃度を上昇させることで心筋の活動性を抑制し、不整脈を抑制する。処方としてはグルコン酸カルシウム(カルチコール)を10ml(850mgを溶解した液)を3~4分かけて静注するという話はWIKIPEDIAにでています。

10
友人の内科医にこの話を聞いてネットで検索してみると確かにそんな話が出ています。眼科ではまず遭遇することのない事例ですが、ご参考までに記載しました。

50

さらに、眼科診療でカリウムが出てくるのは、緑内障で眼圧が高いときに炭酸脱水酵素阻害薬で利尿剤のダイアモックスに合わせてアスパラKを経口投与する場合。ダイアモックスで失われるカリウムを補うために出すのですが、アスパラKの禁忌病名を見ますとやはり

1. 重篤な腎機能障害、前日の尿量が500mL以下、投与直前の排尿が1時間当たり20mL以下、アジソン病、副腎機能障害、高カリウム血症、エプレレノン投与中
記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止

28
2. 腎機能障害、腎機能低下、急性脱水症、広範囲外傷、広範囲熱傷、広範囲組織損傷、高カリウム血症が現れやすい疾患、低レニン性低アルドステロン症
注意レベル: 慎重投与

3、低クロル血症性アルカローシス、腎機能障害
注意レベル: 注意

となっています。これも使う場合には注意が必要ですね。

参考:
1、信州大学医学部の腎臓内科:⇒リンク

2、透析、移植を経験した一患者の日記⇒リンク

3、東海大学腎臓内科 高カリウム血症⇒リンク
通常の食事ではおよそ50~100mEq/日の摂取がある. このうち90%は腎臓から排泄され,10%は腸管から排泄される. 高カリウム血症の原因は細胞内外での分布異常,排泄障害の大きく2つに分けられる.排泄障害(慢性腎不全など)がなければ摂取過剰のみで高カリウム血症になることは少ない.

4、高カリウム血症 wikipedia ⇒リンク

Categorised in: 緑内障