お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2016年4月18日

7659 アバスチン硝子体注射と妊娠に関する質問

アバスチンアバスチン硝子体注射 (質問者:liqian840さん)
昨年9-11月、3回アバスチンの注射を受けました。
注射後、どのぐらいの期間を避けてから妊娠した方がいいでしょうか。
4ヶ月20日くらいが経っていて、いま妊娠している可能性があるので、心配しご相談しました。
国内でまだ十分なデータがないかと思いますが、もしアドバイスをいただけたら助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。
アバスチンは抗がん剤として作られたものですから、オフラベル(公的な適用外の使用)で使うことがありますが、眼科の疾患にはルセンティスやアイーリアなどの眼科疾患を用途とする製剤が使われることが多いです。
さて、アバスチンの使用説明書を見ますと、

5.妊婦、産婦、授乳婦等への投与
妊婦又は妊娠している可能性のある患者には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
妊娠する可能性がある患者には、本剤投与中、適切な避妊法を用いるよう指導すること。
また、本剤投与終了後も最低6カ月間は避妊法を用いるよう指導すること[本剤を投与された患者で奇形を有する児の出産が報告されている。
また、本剤をウサギ(器官形成期)に投与したところ、胚・胎児毒性及
び催奇形性が認められた](「その他の注意」の項参照)。
授乳婦に投与する場合には授乳を中止させること。また、本剤投与終了後も最低6カ月間は授乳しないことが望ましい[ヒトIgG は乳汁中に移行するので、本剤は乳児の成長に影響を及ぼす可能性がある](「その他の注意」の項参照)。

とされていました。6か月は満たしていませんが、4か月はもう経っているわけです
ね。
血管の新生を抑える薬ですから、奇形の他にも、流産などの危険性も考えられないことは無いかもしれません。
質問へのお答えは6か月を開けてという事のようです。
しかし、私見としましては過剰な心配はせずに過ごしてよいかと思います。
恐れ入りますが、主治医の先生に対応をご相談ください。

くれぐれもお大事に。

Categorised in: 飛蚊症