お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年10月15日

12360:フランスは17日から夜間外出禁止令 午後9時~午前6時まで(2020年10月15日)

清澤のコメント:今日は昼から就学時健診で小学校へ行ってきました。来年小学校入学予定の約100人の目を風通しの良い体育館で診察してきました。多くの児童には問題なしでした。裸眼視力1.0未満を指摘された子供は相当数いる模様です。例年は5年生が付き添って各科を回りましたが、今年は親が連れてまわってきました。今回の手番は派遣の看護師さんが行ってくれました。ですから、今年は親から引き離されてパニックに陥って泣く子はいませんでした。下記は2018年の記録です。

さて、コロナ感染のお話で、フランスは氷山の一角。ヨーロッパ全滅、アメリカにも再封鎖が来るかも。日本は何とか持ちこたえてはいますが、今後経済その他が危なそうです。今頃になって、ゴートゥ―キャンペーンとか感染予防の補助金などと言っていますが、政府資金の無駄使い以外には何の意味もないと感じられます。医療機関で感染予防に100万円の予算を使うのに何を買う?という話が業界掲示板の話題になっています。

テレ東NEWS

フランスで1日の感染者が2万人を超えるなど新型コロナウイルスの感染が再び拡大している事態を受け、マクロン大統領はパリなど複数の都市部で17日から夜間の外出を原則禁止すると発表しました。 対象となる地域はパリ首都圏のほか、マルセイユやリヨンなど8つの都市圏で午後9時から午前6時までの外出が禁止されます。 正当な理由以外で外出した場合には、135ユーロ=およそ1万6千円の罰金が科されることになります。 今月17日の午前0時から発行される今回の外出禁止令は期間は少なくとも4週間で、議会の承認が得られれば12月1日まで延長します。

Categorised in: 眼科検診