就学時健康診断とは:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

就学時健康診断(しゅうがくじけんこうしんだん)とは、初等教育に就学する直前に行なわれる健康診断である。就学時健診、あるいは就健と略される。就学前年度の11月30日までに行なわれる。

概要

就学時健診では、身体の疾患や、知的発達の度合いが検査される。健常児であれば小学校普通学級に就学するが、心身に障害があり特別な支援が必要な児童の場合、障害のある児童を対象とした就学相談を受けるよう指導される場合が多い。健診後、1月31日までに、就学先学校が各家庭に通知される。市町村立小学校の普通学級や特別支援学級に就学する児童は市町村、特別支援学校に就学する児童は都道府県の教育委員会が管轄する。

就学時健診制度が始まったのは1958年である。

就学時健診では、知能検査を実施し、知的障害の有無を調べ、特別支援教育の必要性を判断する。

自治体には、就学時健診を実施する義務がある一方で、受診には義務はないとされる。