お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年3月2日

12693:流涙症で困っている方へ:パンフレット要点を採録

流涙症で困っている方へ

日本眼科医会 眼と健康58のパンフレットが眼科医会から届けられました。愛媛大学白石敦教授が「はじめに」を、加藤圭一眼科医会常任理事があとがきを書いています。

要点のまとめ

  • 涙の働き:目の表面を乾燥から守る。手に栄養や酸素を届ける。目に入ったごみやほこりを洗い流す。細菌などから目を守る。
  • 涙道目の表面を潤した涙は、瞬きのたびに上下瞼の内側にある涙点という小さな穴より、涙の通り道である涙道に流れ込み、最終的に鼻腔に流れ出す。
  • 流涙賞とは:涙がたくさん分泌したり、涙道が詰まると涙があふれる。(=流涙症)
  • 涙が多く出る原因:目に異物が入ると、涙を出して排除する働きがある。坂まつげなどが眼をつついているときも刺激で流涙が起きる。
  • 涙の流れが悪くなる原因:主な原因は涙道閉塞だが、結膜弛緩症でも流涙が起きる。眼瞼内反症や眼瞼外反症でも涙が溜まる。
  • 流涙症の症状とは:涙があふれて視界がぼやける。涙でメガネのレンズが曇る。無やにが溜まる。眼周囲の皮膚が爛れる。
  • 涙道閉塞とは:涙点、涙小管、総涙小管、涙嚢、鼻涙管そして鼻腔への開口部:いずれの部分にも詰まりを生じうる。
  • 流涙症の検査:細隙灯顕微鏡検査。涙管通水検査、涙道閉塞が疑われる場合に涙道内視鏡検査も。
  • 涙道閉塞の治療:手術処置が必要、涙管チューブ挿入術と、涙嚢鼻腔吻合術がある。涙管チューブはヌンチャクのような形で、2-3か月間チューブを挿入する。涙嚢鼻腔吻合術は千代率が高い。
  • 赤ちゃんの流涙症:先天性鼻涙管閉塞の赤ちゃんは多い。1歳頃までに90%近くが自然治癒する。ブジーで通す。
  • 抗がん剤による涙道閉塞:どの抗がん剤」でも可能性はあるが、S-1という胃がんや大腸がん、乳がんなどに広く使われている抗がん剤」で涙道閉塞を起こす」患者さんが多い。涙道内の細いところで閉塞しやすい。

Categorised in: ドライアイ