お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年9月14日

12259:涙液層の安定がなければ視力はあっても見え方は悪くなる:日刊ゲンダイ自著記事紹介

清澤のコメント:みんなの眼科教室 教えて清澤先生のネットへ限定掲載が再開されました。 12日付記事は、「涙液層の安定がなければ視力はあっても見え方は悪くなる。」実用視力という言葉まで説明したかったのですが、そこはやむを得ず割愛しました。このページ末尾をご覧下さい。コロナ騒動などもあって、日刊ゲンダイの紙面繁忙のため、この記事も紙面には反映されておりません。

◎お知らせ:本日から当医院でのPay Payの利用を可能にいたしました。

 -----

涙液層の安定がなければ視力はあっても見え方は悪くなる

写真はイメージ

【Q】眼鏡視力は悪くないと言われていますが、瞬きをした後すぐに見えづらくなる気がします。
【A】 私たちが快適にものを見ようとするとき、眼表面の涙液層も大切なレンズの役割を果たしています。涙液層が安定しない状況、つまりドライアイでは見えづらさを感じやすくなります。
 健康診断などの視力検査では、ランドルト環と呼ばれる 「C」マークの切れ目を判別できるか調べています。高いコントラストで明るい照明の下、どのくらい細かいところまで見えるかの限界値を調べる検査ですので、一瞬でも見えていたら「見えた」と判断します。
 しかし、日常さまざまな条件下でものを見ている時、常に視力の最大限の力が発揮できている訳ではありません。特に、眼表面の涙液層が安定しない状況では視力検査の結果と日常生活での見え方とは大いに異なっていることでしょう。

 眼表面の涙液層は、一旦、眼を閉じてから開いて5秒もすると、適正に濡れている部分と涙液層がカバーしきれず乾きかけた部分に分かれてしまいます。この眼表面の涙液が不足し不安定になっているのがドライアイです。ドライアイでは、「目が疲れる」、「メヤニが出やすい」、「ゴロゴロする」、「目が重い」、「乾く」、「痛い」、「涙が出る」、「かすむ」、「かゆい」、「まぶしい」、「充血する」、「10秒以上開けていられない」、など様々な訴えをします。いくつか当てはまるならドライアイの可能性があります。日本では800万人以上の方がドライアイだと言われています。
 ドライアイの検査は角膜表面の状態を見るフルオレセイン染色試験と涙液分泌量を見るシルマーテストです。まず、フルオレセイン染色試験はフルオレセインという色素を使って角膜表面を染めます。左右各眼の下眼瞼上に溜まった涙の高さを細隙灯顕微鏡で調べます。その高さの正常値は0・2~0・3mm。その後、閉瞼してから開瞼し、涙の層が破れて乾いたところが現れるまでの涙液破壊時間を調べます。正常値は5秒以上。角膜の状態が悪くなれば、点状表層角膜炎が見られるようになります。次に、シルマーテストでは、濾紙を下瞼に挟んで5分間待ち、紙の端から何ミリが濡れたかを調べます。正常値は5分間で10mm以上。いずれもドライアイには有用なテストです。

 ドライアイの方は眼の表面を覆う涙が不安定になり綺麗なレンズ面でなくなることで眼に入る光が散乱してしまいす。そのためものが鮮明に見えなくなってしまうのです。ドライアイは高齢化やエアコンの使用、パソコンやスマートホンなどの使用、コンタクトレンズ装用などに伴って増え続けています。室内の加湿やホットアイマスクなどで眼の血行を促すなど、セルフケアを心掛けることが大切です。また、点眼薬でも眼の乾燥を防ぐことができます。日本には海外にない複数の優れた点眼薬があります。次にお勧めできるのは涙点プラグ。目頭にある涙の鼻腔への流出口「涙点」を塞ぎ、眼表面の渇きを軽減します。液体のコラーゲンプラグと固体でより効果の強いシリコンプラグがあります。いずれも眼科医にご相談ください。これらの対策を打つことでドライアイを軽減し、快適に見える生活を取り戻してください。

記事外の追記:清澤眼科では装備しておりませんが、実用視力の実際としてコーワAS-28の製品概要を見ますと、この機材では数秒ごとに患者さんの反応をもとにして連続的な視力を測ることができて、①日常生活における視機能をシミュレーション/②視力の時間変化を可視化/③一分間の平均視力を表示:することができるとしている装置です。https://www.kowa.co.jp/e/life/product/va.htm

Categorised in: ドライアイ