お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年5月14日

10716:ゴゴスマの「ト書き」から:紫外線対策

清澤のコメント;テレビのワイドショーでは担当者が情報を収集し、最近のネット情報も取り入れつつ、電話での確認も取って番組を随時作っているようです。電話での取材確認は、当日の午前まで続けられています。当日午前10時頃に担当者から3分ほどの電話を受けました。番組内では「眼科医」に聞きますと、とだけ紹介されていました。

ーーー掲載されているト書きは以下の通りーーーー

気象庁HP

群馬県の伊勢崎で30℃を超えていて、令和初の真夏日となった。伊勢崎では1993年の5月13日には35℃を記録したこともあったという。また、朝と昼の気温の差が大きいのも特徴で、京都では16℃差・大分日田では18℃差となった。また、紫外線の予想分布図も既に非常に強くなっているが夏至ではないために強いのは正午のみとなっていて、夕方になると現在は弱くなっていくという。

紫外線は晴れている日以上に曇から太陽が見える日のほうが強くなる可能性があるという。これは雲の切れ間から散乱された紫外線も降り注ぐためなのだという。また、紫外線は日陰に入った状態でも入ってくるために注意が必要となる。サングラス選びも重要で、紫外線カットのなく色の濃いサングラスは目の瞳孔が開くことで紫外線を浴びやすくなってしまい、白内障などにつながる。一方でフレームが大きいサングラスは紫外線をカットしやすくなり、また、馬場さんはサングラスは日焼けにも効果があると話していたが、これは目の紫外線を抑えることでメラニン色素の抑制に効果があるためなのだといい、紫外線99%カットのサングラスも売られているという。

清澤眼科病院(清澤注:医院の間違いです)

紫外線は晴れている日以上に曇から太陽が見える日のほうが強くなる可能性があるという。これは雲の切れ間から散乱された紫外線も降り注ぐためなのだという。また、紫外線は日陰に入った状態でも入ってくるために注意が必要となる。サングラス選びも重要で、紫外線カットのなく色の濃いサングラスは目の瞳孔が開くことで紫外線を浴びやすくなってしまい、白内障などにつながる。一方でフレームが大きいサングラスは紫外線をカットしやすくなり、また、馬場さんはサングラスは日焼けにも効果があると話していたが、これは目の紫外線を抑えることでメラニン色素の抑制に効果があるためなのだといい、紫外線99%カットのサングラスも売られているという。

サングラス

紫外線は晴れている日以上に曇から太陽が見える日のほうが強くなる可能性があるという。これは雲の切れ間から散乱された紫外線も降り注ぐためなのだという。また、紫外線は日陰に入った状態でも入ってくるために注意が必要となる。サングラス選びも重要で、紫外線カットのなく色の濃いサングラスは目の瞳孔が開くことで紫外線を浴びやすくなってしまい、白内障などにつながる。一方でフレームが大きいサングラスは紫外線をカットしやすくなり、また、馬場さんはサングラスは日焼けにも効果があると話していたが、これは目の紫外線を抑えることでメラニン色素の抑制に効果があるためなのだといい、紫外線99%カットのサングラスも売られているという。

充血

紫外線は晴れている日以上に曇から太陽が見える日のほうが強くなる可能性があるという。これは雲の切れ間から散乱された紫外線も降り注ぐためなのだという。また、紫外線は日陰に入った状態でも入ってくるために注意が必要となる。サングラス選びも重要で、紫外線カットのなく色の濃いサングラスは目の瞳孔が開くことで紫外線を浴びやすくなってしまい、白内障などにつながる。一方でフレームが大きいサングラスは紫外線をカットしやすくなり、また、馬場さんはサングラスは日焼けにも効果があると話していたが、これは目の紫外線を抑えることでメラニン色素の抑制に効果があるためなのだといい、紫外線99%カットのサングラスも売られているという。

白内障

紫外線は晴れている日以上に曇から太陽が見える日のほうが強くなる可能性があるという。これは雲の切れ間から散乱された紫外線も降り注ぐためなのだという。また、紫外線は日陰に入った状態でも入ってくるために注意が必要となる。サングラス選びも重要で、紫外線カットのなく色の濃いサングラスは目の瞳孔が開くことで紫外線を浴びやすくなってしまい、白内障などにつながる。一方でフレームが大きいサングラスは紫外線をカットしやすくなり、また、馬場さんはサングラスは日焼けにも効果があると話していたが、これは目の紫外線を抑えることでメラニン色素の抑制に効果があるためなのだといい、紫外線99%カットのサングラスも売られているという。

加齢黄斑変性

紫外線は晴れている日以上に曇から太陽が見える日のほうが強くなる可能性があるという。これは雲の切れ間から散乱された紫外線も降り注ぐためなのだという。また、紫外線は日陰に入った状態でも入ってくるために注意が必要となる。サングラス選びも重要で、紫外線カットのなく色の濃いサングラスは目の瞳孔が開くことで紫外線を浴びやすくなってしまい、白内障などにつながる。一方でフレームが大きいサングラスは紫外線をカットしやすくなり、また、馬場さんはサングラスは日焼けにも効果があると話していたが、これは目の紫外線を抑えることでメラニン色素の抑制に効果があるためなのだといい、紫外線99%カットのサングラスも売られているという。

Categorised in: ドライアイ