お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2016年7月5日

7929:ドライアイ、眼瞼弛緩ある患者で症状多い

ドライアイ、眼瞼弛緩ある患者で症状多い

眼科医清澤のコメント:結膜弛緩症は角膜の下に続く眼球結膜が緩んで襞状になり、下眼瞼の縁に覆いかぶさるように膨隆する状態です。この緩んだ眼球結膜は下瞼の上にできるべき涙液のメニスカスと置き換わってしまうので、通常の瞬目後の開瞼時に形成される涙液の角膜上への上瞼の縁(リッドワイパー)による塗り付け作用が不十分になって、涙液層破綻時間の短縮を来します。ですから、ドライアイを扱う眼科医にとってはドライアイが多いというのは常識的な知識なのです。しかし、この2つの論文は瞼自体の弛緩がドライアイを増やすと述べています。

1)Chhadva P,et al.Impact of Eyelid Laxity on Symptoms and Signs of Dry Eye Disease. Cornea. 2016 Apr;35(4):531-5.

 解剖学的外部構造正常のドライアイ患者138例を対象に、眼瞼弛緩とドライアイ症状の関連を検証。眼瞼弛緩有病率は71%だった。眼瞼弛緩あり群では弛緩なし群に比べ、異物感発生率の増加(63% vs. 45%)、涙液層破壊時間の短縮(8.6±3秒vs. 10.3±4秒)などのドライアイ症状および兆候が有意に多かった。角膜染色スコアの増加やシルマースコアの低下、マイボーム腺消失の増加、眼瞼血管分布の増加、マイバム質異常も有意に多かった。

2) Ansari Z,et al.Prevalence, Risk Factors, and Morbidity of Eye Lid Laxity in a Veteran Population. Cornea. 2015 Jan;34(1):32-6.

 退役軍人150人の後ろ向きカルテレビューを用いて、眼瞼弛緩の有病率およびリスク因子を前向き横断的研究で検討。患者の54%がグレード1以上の上眼瞼または下眼瞼弛緩を有し、リスク因子は加齢、高BMI、睡眠時無呼吸だった。眼瞼弛緩患者は弛緩のない患者と比べ、ドライアイのリスクが2.23倍だった(P=0.017)。
  -----

○此処で使われるEyelid Laxityとはどう定義されるのか?

○Abstractからの結果のまとめは、以下の通り。

Patients with eyelid laxity had increased symptoms and signs of DE compared with their counterparts without laxity

including ocular pain described as grittiness (63% vs. 45%, P = 0.049),
decreased tear break-up time (8.6 ± 3 vs. 10.3 ± 4 seconds, P = 0.02),
increased corneal staining (2.5 ± 3 vs. 1 ± 2, P = 0.002),
decreased Schirmer score (14±6 vs. 17±7 mm, P = 0.01),
increased meibomian gland drop out (2 ± 1 vs. 0.8 ± 0.8, P < 0.005), increased eyelid vascularity (0.8 ± 0.8 vs. 0.2 ± 0.5, P < 0.005), more abnormal meibum quality (2 ± 1.3 vs. 1.4 ± 1.2, P = 0.02). In a multivariable analysis considering both signs of DE and laxity, lower eyelid laxity remained significantly associated with ocular surface disease index scores, suggesting a direct effect of laxity on symptoms of DE.

Categorised in: ドライアイ