お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2021年2月28日

12691:あなたの目に手指用アルコール消毒剤が入ったら?目の緊急事態:

清澤のコメント:アルコールベースの手指消毒薬が目に入るという事故が相当数起きているようです。ことに小瓶に入れた製品の破損事故も、また1メートル程度の高さの台の物が小児の目に掛かるという場合よりも多く見られるようです。アルコールベース手指消毒液が目に飛入した重傷例への対応を引用します。図は32歳の例(2020年9月6日 doi:  10.1016 / j.visj.2020.100881 手指消毒剤に関連する眼の化学的損傷:COVID-19の下でのその増加に関するミニレビューSunny、Chi Lik Au、から引用)

  ーーーーーーーー

あなたの目に手指の消毒剤がはいったら?目の緊急事態:

ラッセル・ラザロ博士が2020年11月16日に公開した記事の翻訳に清澤手を加えて採録します。

 ーーー記事採録ーーー

ウイルスに感染しないようにするための最良の方法の1つは、頻繁に手を洗う・消毒することです。温水と石鹸で30秒間手を洗うと、ウイルスの拡散を防ぐことができます。

ただし、石鹸と水は、特に最も必要な場所(地下鉄の駅、店頭、タクシー、さらには地元の公園など)で常に利用できるとは限りません。私たちは常に物に触れ、汚染された物の表面から病原体を拡散させています。手を洗わずに顔、特に目、鼻、口に触れることがウイルスに感染する一番の原因であることをご存知ですか?よろしくお願いします。

この問題を解決するのに役立つ解決策が1つあります。アルコールベースの手指消毒剤の小瓶は、特にCOVID-19が隅々まで私たちを脅かしている現在、広く人気があります。

医師は、ポケット、ハンドバッグ、バックパック、またはブリーフケースに、アルコール濃度が60〜95%の手指消毒剤を入れて歩き回ることをお勧めしています。これにより、最も必要なときに簡単に消毒薬を使用できます。

手指消毒剤のアルコールは、石鹸と水が利用できないときに細菌を殺し、あなたを保護するのに役立ちます。

ただし、手指消毒剤の適切な使用方法を理解し、子供にも使用方法を知らせておくことが重要です。

ここ数ヶ月、手指消毒剤、特にアルコールベースの手指消毒剤が誤って噴出したり、それが付いた手で目をこすったりしたことに関連した目の緊急事態の報告が増えています。

これは、正しく取り扱わないと非常に危険であり、視力喪失につながることさえあります。

アルコールベースの手指消毒剤が目に入った場合、目に触ると刺すような痛みを感じるでしょう。あなたは最初に本能的に目をこするかもしれませんが、これは実際に問題を悪化させる可能性があるので、絶対にこれを避けるようにしてください。

角膜(あなたの目のカバーでクリアな前面)または結膜(あなたの目の白い部分をカバーする粘膜)は、アルコールによって破損し、あなたは激しい痛みおよび/または羞明を発生することがあります。

注意すべき兆候

灼熱感

刺すような刺激感

発赤

目の痛み

ぼやけた視界

羞明

視力喪失

あなたは何をするべきか?

ぬるま湯で10 分以上目をよく洗ってください。一部の眼科医は、バスルームや台所の流し台の穏やかな流水の下に頭を置くことをお勧めします。そうすれば、水が継続的に目に流れ込み、同じように簡単に排出されます。

その間、汚染された水が影響を受けていない目に浸透しないように、もう一方の目をしっかりと閉じておいてください。

灼熱感や刺痛を感じ続ける場合、または視力の変化や失明を経験する場合は、すぐに眼科医に連絡してください。これは目の緊急事態と見なされ、迅速に治療する必要があります

Categorised in: 角膜疾患