お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月14日

11621:イギリス発! 度数を自由に調整できるシニアグラス:広告から採録

清澤のコメント;その昔、震災時用の備蓄に出来ないか?と輸入を考えて行った方がいたかと思いましたが、しばらく聞くこともありませんでした。乱視や遠近になるわけでもないので、お勧めするという訳ではありません。老眼が進んできたこのところ、通常の老眼鏡では小さい字が読めず、ルーペを併用することがあり、そのようなときにプラス度数があげられたら良いと思う事はあります。アドレンズという類似商品ありそうです。

イギリス発! 度数を自由に調整できるシニアグラス

2020.2.21 12:00経済産経ネットショップTwitter反応Facebook

進行性老眼から夕方老眼まで全てカバーする度数可変シニアグラス
進行性老眼から夕方老眼まで全てカバーする度数可変シニアグラス

 老眼が進むと何本も老眼鏡を持たなくてはいけなくなる…老眼鏡を使っている人の半数以上が2本以上もっているという調査結果もあります。今回ご紹介する『アイジャスターズ度数可変シニアグラス』(9,900~11,000円)ならこの1本で対応できます。秘密は「度数を自分で変えられる」から。これなら老眼が進んでも、見る距離が変わっても、その都度ピントを合わせられます。便利な機能とおしゃれなデザイン性を兼ね備えたイギリス製のシニアグラスをぜひ一度お使いください。<産経ネットショップ>

 開発したのは英国・オックスフォード大学で物理学専攻の研究者。5年にわたる視力矯正の研究を経て、試行錯誤の末にようやく完成。一般的な老眼鏡は度数が固定され、新聞を読むときとスマホを見るときで違う度数の老眼鏡を使い分けている方もいると思います。「アイジャスターズ度数可変シニアグラス」なら、文字を見ながらフレーム内側に装備されたダイヤルを回すだけで調整可能。左右それぞれ0.5度~4.0度まで自由に度数が変えられ、微調節も可能なのでピッタリに合わせることができます。

 度数が変えられる秘密は、フロントレンズ・スライドレンズ・リアカバーと3層構造のレンズの真ん中のレンズが動き、厚みやカーブが変わることで度数を変更する仕組みです。

また、レンズは完全密封されているので、ホコリが入りにくく、くもりにくいのでクリアーに見え、さらに耐久性にもこだわりフロントレンズ・リアカバーにはスクラッチ防止加工の高級アクリルレンズを採用しているので傷もつきにくく、長くご愛用いただける商品です。

 見た目はスッキリしてスタイリッシュなイギリス製ならではのおしゃれなデザイン。タイプは鼻あて一体型のセルロースタイプ「オックスフォード」(9,900円)と全面フレームはステンレス、つるはアセテートの異素材コンビ「オックスブリッジ」(11,000円)の2タイプをご用意しました。イギリス生まれの高品質でおしゃれなシニアグラスを是非体験してみてください。

 価格は全て税込み、送料無料。価格や仕様などの情報は掲載日時点のものです。産経netShop

Categorised in: コンタクトレンズ・眼鏡処方