お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年8月2日

10969:2週間用プレミオ遠近両用ト―リック:当院でも採用します

眼科医清澤のコメント:メニコン社の担当者が2週間用プレミオ遠近両用ト―リックのパンフレットを持って説明に来院してくださいました。クールビズということで、会社が用意した白くて涼しそうなTシャツタイプの制服だそうです。

院内で検討した結果、遠近両用でしかも乱視成分の入った2週間物のコンタクトレンズはこのほかには市場に出ていないため、近日中に採用することにしました。

このレンズの対象者は、①従来遠近両用で乱視の入っていないレンズを使ってきた方、或いは②従来乱視レンズを使ってきた方で遠近両用ではないレンズを使ってきた方になろうかと思われます。

◎まず遠近両用とはどういうことなのでしょうか?:(2WEEKメニコン プレミオ遠近両用):近距離から遠距離までバランスよく見えるデザインと、近距離の見え方を重視したデザインの組合せで、あなたの生活シーンに合った見え方をサポートします:との事

そのほかに、このレンズは、うるおいが持続するキープアクア®テクノロジーを使用。

分子構造レベルで素材から開発しており、1日中続くうるおい感を可能にしました。また、瞳の呼吸を妨げないO2チャージ®テクノロジーを採用し、高い酸素透過性により呼吸する瞳への負担が軽減しました。通常のソフトレンズの5倍程度(161 vs 34)の酸素透過率です。更に、優れた形状保持性を有し、形状保持性が高いため、つけはずしや表裏判別がしやすく、また洗浄もしやすいレンズです。

◎さて、そこから更に進化した「プレミオ遠近両用ト―リック」は、

日本初の遠近両用乱視用コンタクトレンズです
2WEEKメニコン プレミオ遠近両用トーリック

このレンズの特徴は、独自のレンズデザインであることで、レンズの左右に厚みを持たせた、“ダブルスラブオフデザイン”がレンズの回転を防止し、乱視に対して快適な見え方を実現しました。:とのこと。

乱視用コンタクトレンズの特長(図 乱視コンタクトレンズ)

乱視用のコンタクトレンズは、トーリックコンタクトレンズと呼ばれ、独特のカーブのつくりになっています。
乱視の原因のひとつである角膜のゆがみと反対のゆがみを持ったコンタクトレンズを正しい向きに入れあわせることで、互いに打ち消し合ってゆがみをなくします。

Categorised in: コンタクトレンズ・眼鏡処方