お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年3月4日

10515:角膜と屈折矯正手術における医療過誤訴訟:論文紹介

角膜と屈折矯正手術における医療過誤訴訟:WestLawデータベースのレビュー

清澤のコメント:先日のウイリス眼科病院の「レーシック後の強い乱視」の講義で紹介されていた、米国での訴訟結果をまとめたレポートです。詳細は原文を見ていただきたいのですが、さすが訴訟の国米国で、平均7千万円にもなっています

 ――――

Engelhard, Stephanie, B., BA * ;エンゲルハード、ステファニー、B他: corneaCornea: May 2018 – Volume 37 – Issue 5 – p 537–5412018年5月 – 第37巻 – 第5号 – p 537–541

doi: 10.1097/ICO.0000000000001534

Clinical ScienceAbstractAuthor InformationAuthorsArticle MetricsMetricsPurpose: To report and analyze the causes and outcomes of malpractice litigation in cornea and refractive surgery. 目的:角膜および屈折矯正手術における医療過誤訴訟の原因と結果を報告および分析すること。

Methods: The WestLaw database was reviewed for all malpractice litigation related to ophthalmology in the United States between 1930 and 2014. Search terms included ophthalmology or ophthalmologist and malpractice anywhere in the retrieved results. 方法: WestLawデータベースは、1930年から2014年の間に米国における眼科学に関連するすべての医療過誤訴訟について検討された。検索用語には、検索結果のどこかに眼科または眼科医医療過誤を含めた。 All cases involving cornea and refractive surgery were included in this analysis, and results were compared with ophthalmology as a whole.角膜および屈折矯正手術を含むすべての症例がこの分析に含まれ、結果は全体として眼科と比較された。

Results: One hundred fifty-nine cornea and refractive surgery cases between the years 1964 and 2014 were included. 結果: 1964年から2014年までの間に、角膜と屈折矯正手術の症例159例が含まれた。 Ninety-three cases (58.5%) were resolved through a jury trial, 21.5% of which were associated with plaintiff verdicts with a median adjusted jury award of $588,896 (mean $1,518,686). 93件(58.5%)が裁判で解決され、そのうち21.5%が原告の評決に関連し、告訴の補償金の中央値が588,896ドル(平均1,518,686ドル)であった。 Nineteen cases (11.9%) resulted in settlements with a median adjusted indemnity of $782,533 (mean $761,963). 19件(11.9%)の調整後補償の中央額782,533ドル(平均値761,963ドル)で和解した。 Commonly litigated scenarios included laser-assisted in situ keratomileusis (74.2%) and corneal transplantation (8.2%).一般的に訴訟を起こしたレーシック(74.2%)および角膜移植(8.2%)が含まれていました。 Overall, 88.7% of cases involved surgical or procedural claims, 8.8% involved noninterventional claims, and 2.5% involved medical claims only.全体として、症例の88.7%が外科的または手続的請求を含み、8.8%が非介入的請求を含み、そして2.5%が医学的請求のみを含んでいた。

Conclusions: Cornea and refractive surgery is a high- risk subspecialty of ophthalmology. 結論:角膜手術と屈折矯正手術は、眼科学におけるリスクの高い専門分野です。 Laser-assisted in situ keratomileusis and corneal transplant claims were the most commonly litigated entities in this series.このシリーズで最も一般的に訴訟を起こしたのは、レーシックおよび角膜移植の請求でした。 Many cases focus on failure to achieve patients’ desired expectations after elective refractive procedures or the negligent performance of refractive surgery on patients with contraindications to surgery, both highlighting the importance of detailed informed consent discussions, realistic goal setting with patients, and thorough examinations and preoperative evaluation.多くの症例は、レ0シック屈折矯正手術後の患者の所望の期待を達成できなかったことが焦点で、手術に対する禁忌を有する患者に対する屈折矯正手術実行に対する過失には焦点を当てていません。

Categorised in: コンタクトレンズ・眼鏡処方