お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年11月6日

9329:涙液層とコンタクトレンズ:所先生のミニコラムより

9329:所先生のミニコラムからの話題

 

医科歯科大学の教室だよりが届きました。その最後に「涙液層とコンタクトレンズ」という所敬名誉教授のコラムが出ていました。各数値を記憶する価値のある記事です。

 

 ・涙液は3層とされていたが、最近は油層と液層の2層とする。油層の厚さは 0.1μm 程度、液層の厚さは約 7μm

 

CL の厚さは約 100μm で、涙液層の厚さは約1/10 程度。レンズの前面の涙液層 PLTFPrelensTear Film)は油層の厚さを含めて 2-6μm。レンズ後面の涙液層 PoLTF(Post-lens Tear Film)の 厚さは 1-3μm。

 

CL を装用直後は涙液の反射性分泌のために、PLTF 6μm 程度に、PoLTF 3μm 程度に増加するが約3分後には元に復す。(Wang J et al 2003)。

 

・また、人工涙液を点眼すると PLTF は約 30μm に増加し、眼瞼と CL の 摩擦が減少するのでドライアイの症状は軽快するが約10 分後には元に復す (Chen Q et al 2010)

 

清澤のコメント:いつもきちんと出典も示して、数値で論ずるという所先生の姿勢には学ぶべきところが多いです。ちなみに上の文献は以下のとおりで、同じグループの発表でした。

 

Wang J, Fonn D, Simpson TL, Jones L. Invest Ophthalmol Vis Sci. Precorneal and pre- and postlens tearfilm thickness measured indirectly with optical coherence tomography. 2003;44:2524-8.

 

Chen Q, Wang J, Tao A, et al:Ultrahigh-Resolution Measurement by Optical Coherence Tomography of DynamicTear Film Changes on Contact Lenses InvestOphthalmol Vis Sci. 2010,51: 1988–1993.

 


Categorised in: コンタクトレンズ・眼鏡処方