お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年7月27日

9054:カラコンで抜け毛が進行するって本当なの?:記事批判です

このブログでは、グーグルを使って眼や視覚に関する記事をサーチし、ブログ主の判断で紹介しています。今日見かけたネット記事は、『仰天な老ける習慣!カラコンで抜け毛が進行するって本当なの?』
:眼科医清澤としては、これは「とんでも記事」だと思います。
----

2017年07月26日 10時00分 提供:美BEAUTE提供となっている記事ですが、「仰天な老ける習慣!カラコンで抜け毛が進行するって本当なの?」という断定を避けた書き方も中途半端な記事が出ています。

この記事を読んで眼科医の清澤は唖然。医学部の生化学の講義で習ったアミノ酸の一つであるシステインが眼球の使用程度で全身に不足が生ずるとは到底考えられません。つまりこれはとんでもない噂をそのまま無責任な文字にした記事であると思います。

無責任な医学情報記事が批判され、いくつかのポータルサイトが閉止にまで追い込まれている昨今です。医学情報を発信する記事で有れば、その発信には慎重でなくてはなりません。この記事も、結果として引用が繰り返されてすでに広く流布しているようです。

市内の非正規のルートで販売される「カラコン」の危険性は日米の眼科学会でも問題にされている(https://www.kiyosawa.or.jp/archives/54074010.html)ところですが、それとこれとは話が別。なんでもカラコンを悪者にすればよいという話ではありません。

この出稿元を探してクレームをつけるのも面倒なので、ここに批判意見だけを書くことにしました。この記事については、眼科諸学会が問題にするにはばかばかしすぎます。実害を受ける側であるサークルレンズを製造販売している大手コンタクトレンズ企業でもが抗議の声をあげて、削除でもされるとよいのでしょうけれど。

この記事の後半部分で推奨している『眼球運動トレーニング』にもまったく根拠が示されておらず、ナンセンスすぎます。

清澤注:
システイン (cysteine) はアミノ酸の1つで、2-アミノ-3-スルファニルプロピオン酸のこと。側鎖にメルカプト基を持つ。
◎サプリメントとしてのシステインの情報(国立健康・栄養研究所)https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?618


Categorised in: コンタクトレンズ・眼鏡処方