お問い合わせ

03-5677-3930WEB

小児眼科

大人の患者さんと違い、小児では自分の症状を正確に伝えにくい事がしばしばあります。
ですから、そのようなときには、保護者の方が気付いてあげる必要があります。
次のような症状が気になれば、眼科での診察をお受けいただきたいと思います。

<急性疾患>

  • 最近、よく目をこするようになってきた
  • 目ヤニが多い
  • 充血をしている

<屈折異常>

  • 物を見るときに目を細める、首をまげて見ている
  • テレビや、タブレットを見るときに目の近くで見る
  • 外に出ると眩しそうに目を細める、片目をつぶる

<斜視>

  • 目が内側または外側に寄っているように思える

現代社会では、スマホの利用など、目を囲む環境が大きく変わっています。そのため、近視のお子さんも年々増え続けています。
学校検診で裸眼視力の低下を指摘されるなどの指導を受けたら眼科受診をおすすめします。

こどもの目の病気には、近視・遠視・乱視・斜視弱視や、細菌やウィルスによる感染症はやり目、そして眼周囲などの怪我など、いろいろなものがあります。
3歳児検診では視力検査も項目として入っていますが、必ず答えられる年齢ではないために、問診時に問題とみなされないとそのままになってしまう危険もあります。

生活の中で、保護者の方が気付いていただくことはとても大切です。

清澤眼科の小児眼科外来

小児眼科外来では、専門の視能訓練士による時間をかけた検査が必要です。
視能訓練士が、両眼視機能の異常を持つ斜視、弱視の患者さんに対しては両眼視機能を回復させるための視能訓練及びこれに必要な検査を行います。

※水曜日午後 要予約

3歳児までの目のチェックリスト(公益社団法人日本視能訓練士協会 作成)

下記に書かれている時期はあくまで参考ですが、質問の答えに1つでも「はい」がある場合は、早めに眼科を受診しましょう。

0ヶ月〜

  • 瞳が白く見えたり、黄緑色に光って見えることがありますか?
  • 目がゆれることがありますか?

3・4ヶ月〜

フラッシュをたいて正面の顔写真を撮ってみてください。(ライトを当てても確認できます。)
フラッシュの反射が瞳の真ん中に映るはずです。

  • 反射が内側により過ぎていませんか?
  • 反射が外側にずれていませんか?
  • 反射が上川や下側にずれていませんか?

片目が内側によっているように見えるときは、目と目の間をつまんで観察してください。

1歳〜

  • テレビや本に極端に近づいて見ますか?
  • 片目をつぶったり、まぶしかったりすることがありますか?
  • 頭を傾けたり、横目づかいでものを見ることがありますか?

2歳〜

  • 本など近くのものを見るとき、目が内側によることがありますか?

3歳〜3歳児検診を必ず受けましょう。

  • 目を細めて物を見たりしませんか?
  • 視線が合わず、どこを見ているかわからないことがありますか?