お問い合わせ

03-5677-3930WEB

診療内容 consultation

診療科目- Treatment Department -

一般眼科診療

初診及び再診の患者さんは、一般外来で拝見し、診断及び治療をおこないます。

近視、遠視、乱視、視力低下、かすみ目、充血、目のかゆみ、涙目、ドライアイ、眼精疲労、アレルギー性結膜炎、飛蚊症、ものもらいなど、眼に関わるどんな事でもお気軽にご相談下さい。
また、セカンドオピニオンも受け付けております。

当院でのコンタクトレンズ処方では、眼科専門医、視能訓練士による処方を行っております。初めてコンタクトレンズを処方される場合には、予約が必要となりますので、事前にご連絡下さい。

さらに高度な診断治療を必要とする場合には、下記の特殊外来に診療をつなぎます。

特殊外来- SPECIALITY -

神経眼科外来(眼瞼痙攣)

[こんな症状はありませんか?]
  ・目がゆれる
  ・視力が低下してきた
  ・まぶたがうまく開かない
  ・まぶたがピクピクするなど

[神経眼科とは?]
網膜から脳までの視覚系、眼球運動や瞳孔の病気を扱う専門領域です。
甲状腺眼症、重症筋無力症、眼球振盪(眼がゆれる)、原因不明の視力低下、眼瞼下垂、光視症(光がみえる)、眼痛頭痛、眼精疲労なども扱います。当院では更に眼瞼けいれん、顔面けいれんの治療にも格別な力を入れています。
顔面けいれんは、片側のまぶたや頬がピクピクする病気です。眼瞼けいれんは目の開け閉めがうまくいかなくなる病気で、目をつぶっていたい、まぶしい、瞬きが多くなるといった初期症状から、目をつぶったままになってしまう重症のものまでを含む難治な病気です。
ボツリヌス毒(ボトックス)による治療、薬物治療を行います。

網膜外来

[こんな症状はありませんか?]
  ・物が歪んで見える
  ・蚊が飛んているように見える
  ・視野が欠けているように感じる など

[網膜外来とは?]
網膜硝子体疾患、主として網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉鎖症、黄斑上膜などの診療を専門医が行っております。また、提携医療機関との連携により、手術への対応を行っています。
これらの疾患は視力低下、視野欠損、歪視(物が歪んで見える)、飛蚊症(蚊が飛んで見える)などの症状があらわれたりして見つかることがあります。この分野では難治例もあります。そのような症例にも最適な医療提供を目指します。
的確な診断のもと、患者様の早期社会復帰が可能になるよう努力しております。
加齢黄斑変性など黄斑部に新生血管を生じ、視機能を損なう疾患に対してはアイリーアなどの抗VEGF薬注射を用いるなどして、より効果を上げるべく様々な治療法を積極的に取り入れています。

緑内障外来

[こんな症状はありませんか?]
  ・人間ドックや健康診断で緑内障、緑内障疑いといわれた
  ・視野が欠けて見える
  ・最近、物にぶつかることが増えた
  ・他の医療機関で緑内障と診断された

40歳以上の方の20名に一人は緑内障であると言われています。清澤眼科医院でも患者数が多い慢性疾患である緑内障。通院、治療は長期にわたるため、良好なコミュニケーションをとり、患者様と医療機関との協力が必要になってきます。
緑内障の病型や経過は、患者様ごとに異なると言ってもよいので、その診断には豊富な知識と経験はもちろん、緑内障の診断に必要な各種検査機器をそろえています。また、経験豊富な専門医による診断を受けていただきます。
人間ドックや健康診断で緑内障、または緑内障の疑い(視神経乳頭陥凹を含む)と指摘された方はもちろん、すでに緑内障の診断を受けて通院中の方や手術を勧められている方のセカンドオピニオンとしてもご利用頂けます。
また、各種眼疾患に伴う緑内障(続発性緑内障)などの治療についてのご相談もお受けしております。

形成外来

[こんな症状はありませんか?]
  ・目の周りのホクロが気になる
  ・目の周りの傷が気になる
  ・眼瞼下垂
  ・涙液が止まらない

[形成外来とは?]
形成外来は外表面のあらゆる所の問題や悩みについて診療を行っております。
ホクロや粉瘤といった皮膚の腫瘍(出来物)の治療、外傷によるケガを綺麗に治すといったことから、傷痕を目立たないように綺麗にしたり、まぶたの垂れ(眼瞼下垂)の治療等を中心に行っております。
又、各種美容外科については、大学病院と連携しながら治療を行っております。

小児眼科外来(斜視弱視外来)

幼児期からの目の問題にお答えいたします。近視・遠視・乱視や斜視・弱視等の検査、眼鏡処方・治療を行っております。
学校検診のA判定以外の場合は、眼科の受診を勧めいたします。

また乳幼児など、まだ検査に対する応答が不明瞭であるためにきちんとしたデータがとれない年代で「見え方に不安がある」方達も対象となりますので、お子様の目全般についてご心配な点がある場合も受診なさって下さい。

斜視弱視外来とは、眼科分野の中で「先天的または後天的に目の位置がずれている」あるいは「はっきりした病気がないものの視力が不十分」というような方々を対象とした外来となります。

視力低下

主な症状:見えにくい 目が疲れやすい ものが霞んで見える

視力低下は最も一般的な眼科主訴であり、裸眼視力が低下したのか、目の異常が原因で矯正しても視力がでないのか、原因は様々あります。
近視や乱視による視力の低下以外に、白内障や眼底出血といった病気の可能性も考えられます。
「最近、ものが見えにくい」「ぼやけて見える」など、気になる場合は、お気軽にご来院ください。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

ドライアイ

主な症状:眼が乾く 目がごろごろする 目が疲れやすい

ドライアイは、眼が乾燥して表面に傷などが生じる病気。眼を保護する「涙」の料が少なくなったり、成分のバランスが崩れたりすることで起こります。
パソコンやスマートフォンを長時間見ている人は要注意です。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

結膜炎・花粉症・ものもらい
(結膜疾患)

主な症状:眼が赤い めやにが出る 眼が痛い 眼がかゆい まぶたが赤い まぶたが腫れる まぶたが痛い

結膜炎は眼の病気の代表格ですが、その原因は様々。中には他人に感染してしまう結膜炎もあります。症状が改善されない場合、悪化する場合は軽く考えず、早めに診療を受けることが大切です。
また、アレルギー性結膜炎の場合は採血によって原因を特定することをおすすめします。当院では、舌下免疫治療も行っておりますのでご相談下さい。
ものもらいの場合は、点眼薬や軟膏、内服薬などでも治療しますが、腫れや痛みがひどいケースでは、切開手術をおすすめする場合があります。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

白内障

主な症状:視界が全体的にかすむ 視力が低下する 光をまぶしく感じる

白内障は、加齢等によって水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。
水晶体とはカメラに例えれば‘レンズ’に当たり、通常は透明な組織なのですが、これが濁ってしまうことで光が通りにくくなり、視力が低下していきます。
初期でしたら点眼治療を行い、進行すれば手術で治療することが可能です。

高齢者に多いのが白内障ですが、若年性白内障の方も増えています。
ドライアイなどの症状の悪化や、アトピー性皮膚炎による白内障も増えています。早めに診察をお受けいただきたいと思います。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

緑内障

主な症状:視野が狭くなる 視力が低下する 視野が欠損する

緑内障とは、眼の後ろにある視神経が障害を起こし、視野が狭くなっていく病気です。
狭くなった視野は元通りにはならず、失明に至る場合もあります。
進行が緩やかで、初期の段階では自覚症状がほとんどないため、定期的な眼科検診による早期発見と早期治療が重要です。
眼圧が高いことがその原因と言われていましたが、正常眼圧でも緑内障に至る場合もあります。
40歳以上の方のうち、20人に一人が緑内障という調査結果もあります。定期的な検査をお勧めいたします。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

糖尿病網膜症・加齢黄斑変性
(網膜疾患)

主な症状:血糖値が高い 糖尿病の治療中 視力低下 症状はない 左右で見え方が違う 視界がゆがむ 視力が低下する

代表的な糖尿病合併症の一つであり、初期には自覚症状がほとんどありません。進行すると視力低下から失明に至る場合もあります。血糖値が高めの方や、糖尿病と診断された方は、定期的に眼の検査を受けることをおすすめします。
黄斑とは、網膜の中心にある部分。黄斑が加齢とともにダメージを受けて、視力の低下を引き起こす病気を加齢黄斑変性と言います。網膜にはこの他多くの治療法も異なる病気が知られています。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

飛蚊症

主な症状:黒いものが飛ぶ 糸状のものが見える 視界にゴミが動く

小さな虫や黒い点、糸のようなものが飛んでいるように見える症状を、飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。
眼球の中にある本来は透明な「硝子体」が濁り、その影が網膜にうつることで、こうした症状が起こります。
多くの場合は問題ありませんが、中には網膜剥離や網膜硝子体出血など大きな病気につながるケースもあります。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

眼瞼痙攣

主な症状:まぶしい まぶたが震える 頬が勝手に動く まぶたが開きにくい

眼瞼痙攣とは、まぶたが勝手にピクピク動いたり、まばたきが異常に増えたり、眼が開きにくくなったりする状態です。
初期段階では「まぶしい」「痛い」「目が乾く」「ごろごろする」といった、ドライアイに似た症状が現れます。

詳しくは、 神経眼科外来についてを御覧ください。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

ぶどう膜炎

主な症状:目が赤い 目が痛くてかすむ 飛蚊症が増える

ぶどう膜炎とは、眼の中に起こる炎症の総称。「眼がかすむ」「まぶしく感じる」「痛い」「目が乾く」「ごろごろする」といった、ドライアイに似た症状がまず現れます。
「痛み」の原因となるケースも多く、目の異常を感じたら、まずはご来院ください。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

眼科検診

主な症状:目の調子が悪い 要精査判定だった 血縁に眼病の方がいる

人間ドックや一般的な眼科検診などで「異常」「要検査」の結果が出た方の精密検査を積極的に受け入れています。
最新機器による迅速かつ正確な診断で、病気の早期発見・治療に努めます。
他院で診療されている方のセカンドオピニオンも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

小児検診

主な症状:視線が合わないことがある 検診で弱視疑いと指摘された 色覚検査をしたい

「子どもの眼が寄っている」「ものを見る時に頭を傾けている」などの症状に気づいたら、お子さんの眼に何らかの障害が起こっている可能性があります。
小児の斜視や弱視は、放っておくと視力発達を妨げるおそれも。
幼いうちに正しい治療やケアをするために、気になることがあれば早めに受診しましょう。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる

コンタクトレンズ・眼鏡処方

主な症状:度数が合わなくなった 長期間眼科を受診していない 今の眼鏡やコンタクトレンズで疲れる

コンタクトレンズの購入をご希望される方には、まず診察・検査をきちんとおこない、その方に適した安全なものを処方いたします。眼鏡も同様です。
眼科医による診察・検査をおこなった上で処方いたしますので、時間に余裕を持ち、ご来院ください。

この症状に関する清澤眼科通信

> 一覧をみる