お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2019年10月15日

11174:抗ヒスタミン薬ビラノア錠の説明を聞きました。

ビラノア錠20mgの説明を明治製薬の方から伺いました。

その効能・効果を見ますと、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚掻痒感)に伴うそう痒となっています。(☆アレルギー性結膜炎だけでは効能を満たしてはいない!)

◎用法・容量は:一日1回20㎎(1錠)を空腹時に経口投与。(例えば就寝前など。食後だと吸収が悪いそうです。)

◎注意:マクロライド系のエリスロマイシンおよびカルシウム拮抗薬のジルチアゼムとの併用には注意。(ビラノアの血中濃度が上がるから。)

◎適応年齢:15歳以上

◎副作用:眠気・口渇・頭痛が少しある。(抗ヒスタミン剤としては眠気の頻度は少なく、0.6%だそうです。)

◎特徴:

・即効性:ヘキソフェナジン(アレグラ)との比較で、即効性がある。セチリジン(ジルッテク)に比べて膨疹および紅斑に対する1.5時間での抑制率が高い。

・眠気が少ない:親水性が高くBBBを通過しにくいため大脳皮質のヒスタミンH1受容体を占拠しない。

Categorised in: 結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)