お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2018年7月18日

10015:ヒト培養角膜上皮を用いた眼刺激性試験法がOECDテストガイドラインへ収載:記事紹介

図1ヒト 3 次元培養角膜上皮「LabCyte CORNEA-MODEL24」を用いた眼刺激性試験法が経済協力開発機構テストガイドラインへ収載:記事紹介

2018.7.17 メッセンジャー登録
富士フイルムグループの株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、ヒト 3 次元培養角膜上皮「LabCyte CORNEA-MODEL24(以下、「ラボサイト 角膜モデル 24)を用いた眼刺激性試験法が、このたび経済開発協力機構テストガイドライン 492(OECD TG492)に収載されましたことを公表した。今後、日用品、医薬品、化粧品、化学品メーカーなど、広く化学物質を扱う企業向けに、より信頼性の高い動物実験代替法として「ラボサイト 角膜モデル 24」による安全性試験を提案してゆくという。
同社は、国内初の再生医療等製品である自家培養表皮などの製造・販売を行っている。また、これまで蓄積した細胞培養などに関する技術・ノウハウを活かして、研究用ヒト培養組織「LabCyte シリーズ」を展開している。「LabCyte シリーズ」は、ヒトの細胞を培養した研究用組織モデルで、皮膚モデル、角膜上皮モデルをラインアップしている。「LabCyte シリーズ」は、ヒト組織に極めて近い構造を再現し、化粧品や日用品の開発などでの安全性確認試験において動物実験の代替が可能であるため、幅広く使用されています。なかでも、角膜上皮モデルである「ラボサイト 角膜モデル 24」は、シャンプーや毛染剤といった日用品や点眼薬などに含まれる化学物質の眼刺激性試験に用いられている。
今回、「ラボサイト 角膜モデル24」を用いた眼刺激性試験法は、動物実験代替法学会および日本動物実験代替法評価センターによる検証研究や第三者評価を経て、眼に対する化学物質の刺激性を評価する方法として、OECD TG492の基準を満たしていることが認められた。

 

経済開発協力機構テストガイドラインとは、経済開発協力機構(OECD)が化学物質の特性や安全性を評価する試験方法を国際的に共通化することを目的としたガイドラインです。OECD TG492は、ヒト角膜上皮の生化学的・生理学的特性に極めて類似するよう設計された、ヒト角膜上皮モデルを用いて化学物質の眼刺激性を評価する試験法。OECDホームページ(英文)。https://www.oecd-ilibrary.org/environment/test-no-492-reconstructed-human-cornea-like-epithelium-rhce-test-method-for-identifying-chemicals-not-requiring-classification-and-labelling-for-eye-irritation-or-serious-eye-damage_9789264242548-en

Categorised in: 結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)