お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2018年3月6日

9666:「花粉・ハウスダストを水に変えるマスク」サンプルをいただきました。

4573407430559-1清澤のコメント:
最近電車の中やテレビでもその宣伝を見かける「花粉・ハウスダストを水に変えるマスク」。「花粉が水に代わるわけが内ではないか?」と思いつつ広告を見ていましたが、実はハイドロ銀チタンテクノロジーという技術で水以外の不純物を吸着させ、分解する触媒作用のある物質を挟んだマスクということだったようです。

東京医科歯科大学眼科の後輩で今は信州大学に移ったS先生が「わたくし共の研究室で開発協力」した製品として、そのサンプルをお送りくださいました。手紙を見ると、「治験では鼻炎のみならず、眼のかゆみにも著明な効果を認めました。」ということです。
毎日交換ではなくてレギュラーは1から3日、「超分解+10」なら1から7日程度に亘って使うことを考えた設計になっているようです。市内各所で販売しているようですから、お試しください。

■花粉・ハウスダストが多い場所での使用に。
■ニオイのタンパク質を分解するので数日間使用可能です。 ※ハイドロ銀チタン(商標登録済み)は花粉の中のタンパク質を分解
■長時間つけても、耳が痛くなりにくいやわらか無痛ひも(耳かけゴム)採用。
■細菌・ウィルス・黄砂・PM2.5 防御フィルター。
■交換目安 1~7日。 滴マークが外側になるようにご着用ください。

●+4・+6・+10は、ハイドロ銀チタン(商標登録済み)の濃度を示しています。
●交換目安は環境・条件によって変化します。
※花粉・ハウスダスト・カビ・汗・ニオイ・タンパク質の種類・量によっては分解できないものもあり、使用環境によって効果は異なります。
●マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。

Categorised in: 結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)