お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2017年6月5日

8914:流行性角結膜炎の定点当たり報告数が急増だそうです。

8914:流行性角結膜炎の定点当たり報告数が急増だそうです。

日刊薬業( 2017年5月29日)によれば、流行性角結膜炎の定点当たり報告数が急増しているとしています。このほか結膜炎を示す咽頭結膜熱(プール熱)や、これも目に充血を示すA群溶血性レンサ球菌咽頭炎もその増加が報じられているそうです。

ーーーーー

国立感染症研究所は26日、感染症週報第19週(5月8~14日)を公表した。流行性角結膜炎の定点当たり報告数が急増し、0.91(報告数630例)となった。過去5年間の同時期より非常に多い。定点当たり報告数の都道府県別の上位3位は鹿児島(4.43)、愛媛(2.50)、宮崎(2.17)だった。

咽頭結膜熱(小児科定点報告疾患):報告数2079例

定点当たり報告数が増加し0.66となった。過去5年間の同時期よりもやや多い。都道府県別の上位3位は奈良(1.53)、鹿児島(1.45)、北海道(1.16)、三重(同)。

●A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(小児科定点報告疾患):報告数9321例

定点当たり報告数が増加し2.94となった。過去5年間の同時期よりもやや多い。都道府県別の上位3位は鳥取(8.74)、山形(6.10)、北海道(4.06)。
ーーーーー


Categorised in: 結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)