お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2017年10月8日

4715 カネボウ白斑治る方法と倒産危機:という記事の紹介

c91e5f50

この図を見れば、この事件が眼科にも関係ある話題とお分かりいただけますね。

カネボウ白斑治る方法と倒産危機

2013年9月8日日曜日(2018.10、8 補筆)

(1)カネボウ白斑被害と自主回収失敗の理由
白斑治る方法は、使用中止で半年間に半数以上が症状改善しています。カネボウの白斑被害は全容解明中であり、親会社が花王でなければ倒産危機。

カネボウ化粧品の白斑被害が拡大していますが、カネボウは2012年10月にロドデノールによる被害を把握しており、半年以上の隠蔽が発覚しています。カネボウ白斑被害を日本皮膚科学会が調査しており、調査結果を見ると9ヶ月の時間が被害拡大に繋がった。
imagesCAZP8RR0

(2)カネボウ化粧品の被害を日本皮膚科学会が調査
2013年9月8日の日本経済新聞35面が報じている。カネボウ化粧品の白斑被害者は8678人、日本皮膚科学会による調査結果

(3)カネボウ化粧品の使用中止で白斑被害の半数が治る

美白成分のロドデノールが原因。製品の使用中止から半年後に6割近く(58%)の症状改善。2年経過後も症状が回復しない人が3人

(4)カネボウ白斑症状の割合と傾向
対象化粧品使用者の2%に症状がでた。 ロドデノールを含む化粧水、乳液、クリームと重ねた人ほど発症の割合が高い。白斑が発生した割合は使用者の2%(日本皮膚科学会)

ーーーーーーーーー

カネボウ白斑治る方法と倒産危機

2013年9月8日日曜日

(1)カネボウ白斑被害と自主回収失敗の理由
スポンサードリンク カネボウ白斑治る方法は、使用中止で半年間に半数以上が症状改善しています。カネボウの白斑被害は全容解明中であり、親会社が花王でなければ倒産危機でしたね。

カネボウ化粧品の白斑被害が拡大していますが、カネボウは2012年10月にロドデノールによる被害を把握しており、半年以上の隠蔽が発覚しています。カネボウ白斑被害を日本皮膚科学会が調査しており、調査結果を見ると9ヶ月の時間が被害拡大に繋がったことが分かります。
imagesCAZP8RR0
カネボウは自主回収の決断が遅れたことが指摘されていますが、カネボウ白斑商品の回収前に花王の定例会議で決済をとっていますが土日は休んでいたことが分かります。カネボウの白斑被害は、自主回収の決断遅れで被害拡大に繋がった可能性が気になりますね。

(2)カネボウ化粧品の被害を日本皮膚科学会が調査

カネボウ白斑治る方法と倒産危機について、2013年9月8日の日本経済新聞35面が報じているので見てみましょう。

2013年8月25日時点 カネボウ化粧品の白斑被害者は8678人
2013年8月23日までの日本皮膚科学会による調査結果

調査対象 症状の経過が追跡できている259人を調査
日本皮膚科学会が、カネボウ白斑被害者の追跡調査を行って、調査結果を発表しています。カネボウ白斑被害発生の追跡調査を行っていますが、自主回収以前に使用中止を行っている患者の調査結果を発表しており、カネボウの対応が遅かったことがあらためて分かりますね。

カネボウは2013年7月に自主回収を開始していますが、2013年2月時点で多数の白斑被害者がでており、化粧品の使用を止めていたようですね。

(3)カネボウ化粧品の使用中止で白斑被害の半数が治る

日本皮膚科学会
カネボウが開発した美白成分のロドデノールが原因と発表
カネボウ白斑被害の製品の使用中止から半年後に6割近く(58%)の症状改善
カネボウ白斑被害の製品の使用中止から2年経過後も症状が回復しない人が3人
カネボウの白斑化粧品は、使用中止から半年が経過すると多くの人の症状が改善しているようですね。カネボウ白斑被害の隠蔽と倒産危機を見ると、2012年10月の段階で、カネボウは症状を把握しており、この段階で回収を行っていれば半年以上が経過しています。

カネボウの白斑被害は半年後に50%以上が症状改善していますので、症状の報告があった段階で自主回収を行っていれば、数千人の被害者が症状軽減した可能性がありそうですね。

(4)カネボウ白斑症状の割合と傾向
日本皮膚科学会が症状の推計を発表
カネボウ化粧品の自主回収数から対象化粧品使用者の2%に症状がでたと推計
ロドデノールを含む化粧水、乳液、クリームと重ねた人ほど発症の割合が高い
カネボウの白斑症状が発生した割合を見ると、日本皮膚科学会の推計によると2%の使用者に被害がでたようですね。カネボウのロドデノール使用について、クローズアップ現代で副作用を指摘した論文を安全であると捏造した疑惑が指摘されていますので、今後の調査に注目ですね。

カネボウの白斑被害は、ロドデノールと他の製品による化学反応の可能性が示唆されているように思えます。カネボウ化粧品調査方法や被害者の回復傾向と同時に、カネボウの経営者がどういった責任をとるのかが今後の焦点になりそうです。

美白まだらカネボウ以外も破綻を見ると、カネボウ以外の化粧品メーカーでも白斑被害者が発生しています。カネボウ白斑は化粧品の使用を控えると治っていますが、カネボウと他社で白斑の回復に違いがあるのかも気になりますね。
--------

(2018.10.8 眼科医清澤のコメント:こんな旧い記事(2013年)にいまだに多くの読者が居るのはなぜでしょうか?月に80人もが見ていました。まだ気になっている人がいるのか?

2018、10,7補筆;光線過敏のあるSLEでも似たような白斑(白なまず)をみることが有ると思います。また、「後天性白斑には、尋常性白斑、老人性白斑、光線過敏症をおこす薬剤使用による白斑、せっけんや化粧品などに含まれる化学物質による白斑、湿疹(しっしん)や皮膚炎の治療後に生じる白斑などがある」とされていました。上記のものは。「 化粧品などに含まれる化学物質による白斑 」という事になりそうです。

Categorised in: 結膜炎・花粉症・ものもらい (結膜疾患)