お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2020年3月13日

11614:社会福祉士:合格慶祝

清澤のコメント:当医院の看護師で社会福祉士の資格取得を目指していた職員が本日の合格発表で合格できたと教えてくれました。合格おめでとうございます。当医院には、眼瞼痙攣やビジュアルスノー症候群など神経眼科学で扱われる助言や励ましを必要とする患者さんも多くおいでです。NPO法人目と心の健康相談室(荒川和子理事長)の分室を置いていただいたり、臨床心理士のカウンセリングをとりいれたりと、従来から様々な試みを行ってまいりましたが、今回の社会福祉士の誕生でさらに幅広い支援ができるようになることを期待する次第です。

社会福祉士とは、福祉や医療に関する相談援助に必要な専門知識・スキルがあることを証明する専門資格(国家資格)です。相談援助の対象者は、身体障害者【視覚・聴覚障害、呼吸器機能障害など】、生活困窮者、ひとり親の家庭など、心身や環境上の理由によって日常生活を送るのに支障がある方々です。
高齢者から子供まで幅広いこともあって、活躍の場も多岐に渡っています。また、高齢化や近年の虐待問題増加の影響もあり、ますます社会福祉士への期待は高まっていくと予想されます。ちなみに、職業名はソーシャルワーカーや生活相談員などで呼ばれています。

社会福祉士が相談を受けて助言・指導する対象者は、日常生活を過ごす上で支障がある身体障害者や知的障害者、低所得者などで、高齢者から子供まで様々です。活躍の場も、介護や医療、福祉など多岐に渡っています。

【主な活躍の場】は・特別養護老人ホーム/ 介護老人保健施設/ 介護療養型医療施設/ ・・・・/児童相談所・そして病院、保健所などの医療機関とされています。

 

Categorised in: 清澤眼科医院通信